FC2ブログ
   
09
1
3
4
5
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

御嶽山・・・2019

8月11日(日)「山の日」

本当は浅間山に登る計画だったが

噴火しちゃって登れないので

先月登る予定だった御嶽山に登ってきた。




前夜21:00家を出発。

「道の駅三岳」にて車中泊。

3時間くらい寝れたかな。

5:30御岳ロープウェイ着。

すでに50台ほどの車。

ここで車中泊した人も多かったみたいだ。

急いで用意をし登山届提出。

s-DSC01422.jpg

ロープウェイは6::00運行開始。

6時ちょい過ぎには乗れました。

s-DSC01426.jpg

標高2150mまで一気に上がります。

s-DSC01432.jpg

ロープウェイを降りると前方に御嶽山。

天気は最高だが風も無く日差しがジリジリと暑い。

s-DSC0144.jpg

この登山道はメッチャ階段が多く脚に堪える。

s-DSC0145.jpg

「女人堂」を過ぎると徐々に日陰もなくなり

暑さ倍増・・・汗が流れ落ちる。

s-DSC01444.jpg

御嶽山は信仰の山

仏像・石碑などが多く点在する。

御岳教の信者も多く登ってきます。

振り返ると・・・

s-DSC01456.jpg

下界はまだ雲海・・・中央アルプス方面。


s-DSC01464.jpg

前方は徐々に植物も無くなってくる。

これは「オンタデ」

s-DSC01446.jpg

オンタデの「オン」は御嶽山の「おん」

「タデ」は・・・

「蓼食う虫も好き好き」ってことわざの「たで」


「石室山荘」に着いた。

s-DSC0147.jpg

中を通り抜ける。

s-DSC01448.jpg

通り抜けた先には登山道が続く。

s-DSC01449.jpg

しかし4年前に登った時、この先は立入禁止。

この場所に献花台が設置してあった。

今は山頂まで行けるようになりました。

s-DSC01476.jpg

やっと御嶽山の最高峰「剣ヶ峰」が見えてきた。

山頂手前にはシェルターが新設され・・・

s-DSC01485.jpg

その先には昨年建立された・・・

s-DSC01450.jpg

「御嶽山噴火災害慰霊碑」

5年前、58名が亡くなり、まだ5名が行方不明。

手を合わせると自然と涙が込み上げてきた。

絶対に忘れてはいけない災害だ。




最後の階段を上がっていくと

s-DSC01451.jpg

曲がってしまった灯篭が。

8:30 山頂着・・・標高3067m

s-DSC01489.jpg

御嶽神社奥社を参拝・・・お守り購入。

s-5832.jpg

社務所の左には噴煙が見えます。

一ノ池方面は・・・

s-DSC01490.jpg

火山灰で白く覆われていた。

北アルプス方面・・・

s-DSC01493.jpg

乗鞍岳・槍ヶ岳などがキレイに見えました。



まだまだ立入禁止の場所も多く

復興には時間が掛かりそうです。


噴火で壊れた山小屋はまだそのまま・・・

写真撮影は禁止という事でした。


でも、新しい山小屋が再建中・・・

s-DSC01503.jpg

一歩ずつ元の御嶽山に戻ってほしいです。


二ノ池へ向かいます。

s-DSC01506.jpg

左の斜面にはまだ残雪。

s-DSC01511.jpg

以前は綺麗な水だった池は火山灰で白くなってました。

これは・・・

s-DSC01516.jpg

地震計かな?



さて下山開始です。

まだまだ登山者が続々と登ってきます。

s-DSC01517.jpg

それと同時にガスも上がってきた。

陽射しが遮られ涼しく感じる。


またロープウェイに乗り戻る。

s-DSC01522.jpg

振り返ると御岳山はガスに覆われていた。

この時期は朝一で登り、早めに下山が鉄則。

午後は大気の状態が不安定になるしね。

11:30 無事下山。

思ったよりも早く下山できました。



今回の登山で思ったことは

多くの登山者はヘルメットを持参していたが

持たずに登ってくる者も2~3割いたように見えた。

しっかりとした装備で登山してもらいたい。






スポンサーサイト



Comment

Secre

プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR