FC2ブログ
   
10
1
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
   

飯綱山

北海道日本ハムファイターズ・・・

日本シリーズ優勝!!

おめでとう!!・・・ありがとう!!






10月30日(日)

モモさんと飯綱山へ。

s-CIMG6890.jpg

もっと天気いいと思っていたんだけど・・・ガスガス

s-CIMG6895.jpg

山頂に着く頃には少しだけ青空が・・・

s-CIMG6911.jpg

メッチャいい天気になったのは・・・

s-CIMG6934.jpg

下山した頃でした。

まぁ、こんな日もあるさ・・・(笑)







スポンサーサイト

始めました・・・

実は・・・


一ヶ月ちょっと前から・・・


楽器を始めてます。





元々、音楽は苦手な人間です。


リズム感も無いし(笑)


でも以前から何かやってみたかった。


で・・・


自分にもできそうな楽器をネットで探しました。


マイナーな楽器だけど見つけましたよ。


たぶん認知度はかなり低い楽器です。




これがその楽器の一部分です。

s-CIMG6884.jpg


この写真で分かる人いるかなぁ?


まぁ、楽器については今後おいおい紹介していきます。






始めて一カ月ちょい・・・


難しいけど楽しいです。








別れ・・・

出会いがあれば・・・


当然、別れもある。


ただ・・・


別れるために出会ったわけじゃない。


でも・・・


でも・・・


お互い別々の道を歩むことにしました。


さようなら・・・


さようなら・・・













でん次郎!!


s-5697.jpg

大好きな人参で最後の晩餐です。







20回目・・・

10月16日(日)


「第58回真田地域一周駅伝大会」が開催された。

s-5669.jpg

我チームは平均年齢約50歳のおじさんチーム・・・

s-5670.jpg

結果は40チーム中15位とまずまずでした。


個人的には区間26位と足を引っ張った形。

ほとんど練習してないしね・・・

前日の白毛門~朝日岳登山の疲れもあったし。

まぁ、こんなもんでしょ(笑)


あと、20回出場(個人)で表彰して頂きました。

s-CIMG6883.jpg

一応、補欠でもカウントされるので・・・

来年からは補欠で25回、30回と・・・

出場記録を伸ばしていきたいな(笑)



この歴史ある大会に参加できるだけで・・・

とても光栄に思います。










白毛門~朝日岳

10月15日(土) 久しぶりの登山日和

2:30 家を出発・・・

5:00 群馬県みなかみ町土合着。

土合駅近くの無料駐車場・・・明るくなるのを待つ。

s-CIMG6635.jpg

5:45 登山口から突入。

目指すは・・・

s-CIMG6638.jpg

白毛門(しらがもん)、笠ヶ岳、朝日岳の三山。

いきなりの急登・・・しかもずっと急登の連続。

6:30 東の山からの日の出・・・

s-CIMG6641.jpg

出発時の気温は3度、しかし陽が当たり始めると暖かい。

登り始めて1時間30分・・・

左手、木々の隙間からチラチラ見えていた谷川岳が・・・

一気にその全容を見せてくれた。

s-CIMG6650.jpg

絶景・・・疲れも吹き飛びます。

そして前方には・・・

s-CIMG6654.jpg

最初のターゲット・・・白毛門が見えてきた。

そしてこの山名の由来となる・・・

s-CIMG6666.jpg

ジジ岩とババ岩も山腹に見える。

s-CIMG6682.jpg

冬、雪が降ると白髪の老夫婦に見えるので「白毛門」らしい。

8:00 白毛門山頂に着く。

s-CIMG6687.jpg

次は、その先に見えてきた笠ヶ岳と朝日岳に向かう。

笠ヶ岳への登りは笹に覆われた斜面・・・

s-CIMG6710.jpg

写真で見るより急な登りです。

9:00 笠ヶ岳の山頂。

s-CIMG6719.jpg

相変わらず谷川岳が綺麗だ。

さて、最後は朝日岳・・・

ノコギリ状のどれかが山頂か?

意外と近いな・・・と思っていたら実は

s-CIMG6721.jpg

低く見えるが左奥の山が朝日岳でした。

最後は大きな岩を回り込んで・・・

s-CIMG6739.jpg

やっと着いた朝日岳山頂・・・10:05

s-CIMG6741.jpg

左に歩いてきた稜線・・・奥に谷川岳

ここで昼食を取り、さらに先へ進む。

s-CIMG6759.jpg

池塘が点在する景色・・・これまた別世界。

ジャンクションピークから一気に下る。

s-CIMG6767.jpg

ここはもう新潟県との県境になる。

中央右の岩山は・・・

s-CIMG6778.jpg

数年前に登った「上越のマッターホルン」と呼ばれる大源太山だ。

JCPを振り返る・・・

s-CIMG6791.jpg

紅葉は全然ダメだったけど、ここら辺がまあまあでした。

写真じゃ綺麗に見えないけどね。

さて、清水峠まで下りてきた・・・12:00

s-CIMG6812.jpg

ここで一緒になったおじさん・・・

今日は蓬(よもぎ)ヒュッテに泊まるらしいのだが・・・

「明日も天気いいし、日帰りで下山するのはもったいないよ」ってさ。

「そうですね~、でも明日、町の駅伝大会あるので」って俺。

まぁ、山も大事だが、駅伝も大事です!!


さて、ここから土合の駐車場までが長かった。

朝から歩いてきた山々を左手に見ながら・・・

s-CIMG6833t.jpg

黙々と歩く・・・

1人とすれ違っただけの寂しい登山道だ。

ライトは持っているが暗くなると怖いので・・・

のんびりしていられない。

そして、やっと・・・

s-CIMG6881.jpg

16:15 駐車場まで戻ってきた。

もう足がガクガク・・・

駅伝の前日に歩くコースじゃなかったな(笑)










福島へ・・・その2

福島遠征・・・2日目(10月10日)

3人で安達太良山(あだたらやま)登山決行。







夜中の突風に何度か起こされたが・・・

まぁ、良く眠れた方かな・・・。

s-5571.jpg

登山口は車で10分ほど・・・

ゴンドラも8:30から運行なので・・・

朝はゆっくり・・・。

朝食は昨夜の残りの鍋を雑炊に。



7:50 車で登山口へ・・・しかし

すでにスゲー車の数・・・予想以上!!

まぁ、紅葉シーズンだし・・・

3連休で天気が良いのは今日だけだしね。



気を取り直し登山口へ・・・

s-S__3579928.jpg

ゴンドラのチケットを購入し・・・

s-CIMG6507.jpg

長蛇の列に並ぶ・・・と思いきや

まだ8:30前なのに既にゴンドラ運行中・・・

待ち時間ほぼ無しで乗れました。



山頂駅から5分ほど歩くと薬師岳・・・

s-20161010安達太良山_7867

「この上の空がほんとうの空です」の碑

後ろに見えるオッパイ山が安達太良山です。




高村光太郎「智恵子抄」より抜粋

智恵子は東京に空が無いといふ。
ほんとうの空が見たいといふ。
途中省略
智恵子は遠くを見ながらいふ。
阿多多羅山(あだたらやま)の山の上に
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとうの空だといふ。
あどけない空の話である。



真っ青の空が見たかったが・・・残念。


紅葉も本来の綺麗さではないのだろうが・・・

s-CIMG6529.jpg

それなりに綺麗でした。

登山者が多いので渋滞もあり・・・

s-CIMG6534.jpg

山頂までは1時間半ほどの道のり・・・

まぁ、急がずのんびりです。



やっと山頂の「乳首」が見えてきた。

s-CIMG6544.jpg

あっ・・・誤解のないように説明しておきますが

「乳首」って俺が勝手に言ってるわけじゃなく

ちゃんと登山マップにも「乳首」って書いてあるのだ。

読み方は「ちちくび」らしいです。


s-S__3579938.jpg

乳首に登るのにも順番待ちの列・・・



10:30 クサリをよじ登り・・・

「乳首のてっぺん・・・

s-CIMG6554.jpg

獲ったどー!!」


さっきまで青空も少し見えていたのに・・・

あっと言う間にガスが立ち込めてきた。

風も強く寒い・・・気温5度。



山頂を後にし北西方向へ・・・

s-CIMG6549.jpg

「牛ノ背」と呼ばれる尾根を歩き・・・

「沼ノ平火口」の見える場所へ・・・

s-CIMG6566.jpg

さっきまでとは景色が一変・・・

活火山の荒々しい姿を現しました。

s-CIMG6569.jpg

相変わらず強風・・・標高下げます。

安達太良山はいろんな表情を見せてくれる。

s-CIMG6574.jpg

予想以上に面白い山だ。

s-CIMG6575.jpg

登山者が多く人気なのが分かる。

s-CIMG6584.jpg

紅葉を見ながらの下山・・・

s-CIMG6585.jpg

陽射しがあればもっと綺麗なんだけどね。

s-CIMG6595.jpg

天気ばかりはしょうがない。

s-CIMG6600.jpg

下山はロープウェイ使わず別ルート歩きます。

s-CIMG6605.jpg

「くろがね小屋」からは作業道歩き・・・

s-CIMG6625.jpg

これが予想以上に長かった。


14:50 無事登山口まで戻ってきた。

そこには・・・

s-CIMG6627.jpg

救急車、消防車そしてドクターヘリ・・・

どうやら登山者の中に病人かケガ人だでたらしい。

結局ヘリには乗らず救急車で運ばれていった。



決して他人事ではないので自分達も気を付けなければ。






そんなこんなで家に着いたのは22時過ぎ。

やっぱ福島は遠いな・・・。

まぁ、帰りの東北道の渋滞は想定外でした。

s-S__3579944.jpg

でも「また福島へ行きたい」って意見は・・・

3人共通の意見でした。




「福島よ、また行くから待ってろよー!!」






福島へ・・・その1

10月9日(日)~10日(月)

近所のN山さん、モモさんと3人で福島県へ。


高速道路で5時間・・・会津若松市に着く。

時おり小雨がパラつく生憎の天気。

まずは「鶴ヶ城」を散策。

s-CIMG6471.jpg

今は「真田丸ブーム」だと思っていたが・・・

観光客いっぱいでした(笑)


鶴ヶ城は1965年に復元された鉄筋コンクリートの城。

中は資料館になっていて・・・

s-CIMG6476.jpg

天守閣まで階段で上がれる。

内部は写真撮影がほとんど禁止なので・・・

s-20161010安達太良山_8377

まぁ、こんな写真で勘弁して(笑)

s-S__3579927.jpg








次に向かったのは・・・

猪苗代湖畔の「野口英世記念館」・・・

と、その前に腹ごしらえ。

野口英世記念館の隣の「ラーメン館」へ。

70分食べ放題・・・

s-CIMG6490.jpg

6種類のラーメン(一杯はハーフサイズ)

他にもお惣菜、サラダ、デザートも食べ放題。

s-5578.jpg

結局ラーメンは3杯が限界でした。


お腹もいっぱいになり「野口英世記念館」へ

s-CIMG6491.jpg

入口まで来るも・・・

「今度来た時に入ろうか」で意見が一致。

今度っていつだ?(笑)

実はラーメン館で1時間半の順番待ちあり・・・

時間の余裕なし。

後は、道路反対側の・・・

「ガラス館」「おかし館」「地ビール館」見て

今晩の宿泊地へ向かう。

s-CIMG6487.jpg

写真奥の「磐梯山」にもいずれ登りたいな。



さてさて、車で東に50km?移動・・・

うす暗くなった頃「あだたら高原野営場」着。

ライトで照らしながら急いでテント&タープ設営。

(明るい写真は翌朝の撮影です)

s-CIMG6502.jpg

このキャンプ場・・・無料です。

トイレ、炊事場あり・・・

広いし、地面もフカフカ・・・

s-5582.jpg

しかも近くに温泉もあるし・・・

s-CIMG6503.jpg

もし、また福島に来ることがあるなら・・・

ここに泊まるだろうな。



温泉からキャンプ場に戻り・・・

s-5570.jpg

タープの中で鍋を囲み夕食。


鍋は美味しかったが・・・

お昼のラーメン食べ過ぎで(笑)



アルコールも入り速攻で眠りについた。




さて明日は「安達太良山」にアタックです。




             つづく







ロ・マン24inまつだい・・・2016

10月1日(土)~2日(日)


新潟県十日町市にて毎年恒例(6回目)の・・・


「ロ・マン24inまつだい 24時間耐久リレーマラソン」に参加してきた。


s-S__22347779.jpg


今年も越後の人達の度肝を抜いてきたのだ。


s-CIMG6430.jpg


紹介する写真はほんの一部です。


s-CIMG6432t.jpg


今回はK林さん(女性)が新たに加わり・・・


s-CIMG6433.jpg


手作り衣装をたくさん提供してもらい・・・


s-CIMG6434.jpg


めっちゃバリエーションが増えた。


s-CIMG6436.jpg


しかもクオリティも高かったのだ。


s-CIMG6441t.jpg


そんなこんなで・・・24時間


s-CIMG6445t.jpg


仮装しては走り・・・


s-CIMG6437.jpg


タスキを繋ぎ・・・


s-CIMG6446.jpg


飲んで、食べて、寝て・・・


s-CIMG6458.jpg


最後まで仮装とタスキは途切れない・・


s-CIMG6461t.jpg


終わってみれば135周と2km(289.550km)・・・


s-S__22347781.jpg


52チーム中9位の好成績でした。


s-S__22347782.jpg


楽しい時間はあっと言う間ですね・・・


一緒に走ってくれた仲間に感謝、感謝です。




来年はもっと過激になるかもね・・・(笑)










プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR