06
2
3
4
6
8
10
12
14
15
17
19
22
23
24
26
28
30
   

ピーマンの種・・・

初めて「ピーマンの肉詰め」作りました。


s-CIMG5761.jpg


まぁ、それなりに上手くできたな・・・。


しかも超美味かったのだ!!







ところで皆さん・・・


ピーマンの「種」って捨てちゃいます?


「種なんか食べる人いるのか?」・・・って?


「バカモーン!!」


「ピーマンの種は栄養価が高いんじゃ~!!」


「しかも種に含まれるピラジンって物質は苦みの元なんだけど・・・


このピラジンは血液をサラサラにし、育毛効果もあるんじゃ~!!」


「だから種は捨てたらアカン!!」






今回の料理は種を取らずに作りました。


苦みは全く気にならず美味しかったです。



皆さんもチャレンジしてみてね・・・。









スポンサーサイト

演奏会・・・?

下界と山の天気は全く違う・・・

今更ながら痛感しました。





6月26日(日)6:00家を出発。

中央アルプス木曽駒ヶ岳へ向かう。

バスとロープウェイを乗り継ぎ・・・

9:20 千畳敷に着くが・・・

s-CIMG5691.jpg

ガスで真っ白!!

「まぁ、徐々に回復してくるだろう」と歩き出す。

いつものように花の写真撮りながら・・・。

s-CIMG5695.jpg
シナノキンバイ

s-CIMG5705.jpg
ハクサンイチゲ

青空だったら絵になるのにな~。


ところが、天気は回復するどころか雨降り出す。

s-CIMG5706.jpg

カッパを着込む。

更に高度を上げると強風も・・・。

「天気良ければ宝剣岳も」なんて思っていたがとんでもない。

s-CIMG5709.jpg

風が強い時はマジ台風並み・・・寒い!!

我ながら山を甘く見てました。

s-CIMG5713.jpg

中岳を越え・・・

11:40 木曽駒ヶ岳(2956m)山頂着。

s-S__62636034.jpg

ここで昼食の予定だったが無理!!

即下山開始!!


例年ならまだまだ残雪も多いのだが・・・

s-CIMG5732.jpg

今年は少ない・・・登山道は全く問題なかった。

s-CIMG5740.jpg
クロユリ

まだ早いと思っていたが結構咲いてました。



13:20 無事に千畳敷まで戻ってきた。

「最低の登山」・・・が終わりました。











と、言いたいところだが・・・

そこは強運の持ち主・・・?



最後にサプライズが待っていました。

s-CIMG5745.jpg

「アルプホルンの演奏会」・・・

本当は前日(25日)の予定が悪天候で本日に。

山頂でお昼食べてたら間に合わなかったしね。

本当にラッキーでした!!

s-CIMG5758.jpg

山間部に響きわたる音色と・・・

曲間の楽しいトーク・・・癒されました。


さらに体験も・・・

s-S__62636040m.jpg

まぁ、たまたま「ホルン」って・・・

お菓子持ってるモモさんも凄いけどね(笑)





最悪の天気でしたが・・・

心に残る木曽駒ヶ岳登山となりました。








7月10日は参院選・・・




「天童よしみ」に一票・・・(笑)




s-4471.jpg

(今朝の新聞より)



18歳の次女も初めての投票を楽しみにしています。







今夜はヘルシー

初めて「豆腐ハンバーグ」作ってみました。

s-4424.jpg

おろしポン酢であっさりと頂きました。




・木綿豆腐・・・一丁
・鳥ひき肉・・・200g
・タマネギ・・・1/2個
・ニンジン・・・1/4本
・しょうが(チューブ入り)適当


タマネギとニンジンはみじん切り・・・

あとは混ぜて焼くだけ。

直径10cmのハンバーグが5枚できました。




あ~なんか最近・・・



料理するのが楽しーーーーーい!!



これから山行けない日は「料理」だな(笑)









岩と花の稜線・・・花編

高山植物を撮影に来る登山者達・・・

その多くは高そうな一眼レフカメラだ。


一方俺は、相変わらず安いデジカメ・・・

最近はズームすると電源が落ちる時がある。

買い替え?いや、まだまだ使えるな(笑)



八ヶ岳も暖冬の影響で花の開花は早い。

もう色褪せている花も多かった。

s-CIMG5428.jpg
イワウメ


s-CIMG5434.jpg
イワヒゲ



s-CIMG5423.jpg
ツガザクラ



s-CIMG5494.jpg
ミヤマオダマキ・・・まだ蕾



s-CIMG5569.jpg
コマクサ・・・見頃は7月。



s-CIMG5388.jpg
ツクモグサ・・・この花目当ての登山者も多い。



s-CIMG5432.jpg
チョウノスケソウ



ウルップソウ
s-CIMG5366.jpg

s-CIMG5562.jpg

s-CIMG5612.jpg



ミヤマキンバイ(黄色の花)
s-CIMG5535.jpg

s-CIMG5660.jpg



ミヤマシオガマ
s-CIMG5368.jpg

s-CIMG5395.jpg




オヤマノエンドウ
s-CIMG5675.jpg

s-CIMG5523.jpg

s-CIMG5402.jpg

s-CIMG5398.jpg




昨年から自分なりに「こだわり」がある。

それは、花のバックに「空や山」を入れること。

例えば、普通に上から撮ると・・・

s-CIMG5374.jpg

こんな感じになる。

しかしバックに山を入れたり・・・

s-CIMG5512.jpg

空を入れることにより・・・

s-CIMG5464.jpg

全く雰囲気が変わる。

s-CIMG5663.jpg

それにしてもハクサンイチゲは「絵になる」花だ。




ラストは偶然に撮れた奇跡の一枚・・・

s-CIMG5372.jpg

「ダイヤモンドハクサンイチゲ」(笑)









岩と花の稜線・・・登山編

この時期、高山植物が咲き誇る・・・

大好きな八ヶ岳に行ってきた。

「登山編」と「花編」に分けます。

写真345枚・・・選ぶだけで大変だ(笑)






6月18日(土) 2:00家を出発。

初めて杣添(そまぞえ)尾根から登る。

s-CIMG5340.jpg

4:00 まだ暗いが出発。

しばらくすると後ろから日の出・・・

s-CIMG5344.jpg

暑くなる予報だが、まだ快適。

登山道は木の根と滑る石で歩きにくい。

6:30 森林限界を過ぎると日差しが暑い。

s-CIMG5352.jpg

急いで日焼け止め塗る。

6:50 三叉峰(さんしゃほう)に着く。

s-CIMG5360.jpg

右が登ってきた杣添尾根。

まずは赤岳天望荘を目指す。

岩場の稜線なので・・・

s-CIMG5369.jpg

ハシゴやクサリは当たり前・・・

s-CIMG5386.jpg

花の写真撮りながら岩場も楽しみます。

まだ早朝なので登山者は少ない。

八ヶ岳の主峰「赤岳」が見えてきた。

s-CIMG5412.jpg

でも今日は山頂へは登らず・・・

s-CIMG5453.jpg

手前の赤岳天望荘で引き返す予定・・・

本日の第一目的は高山植物だからね。

7:50 天望荘に着いた。

s-CIMG5417.jpg

おにぎり食べ、10分ほど休憩し・・・

来た道を戻る。

今度は「横岳」を越え・・・

s-CIMG5420.jpg

その先の「硫黄岳」まで行く。

途中、おばちゃん達が・・・

「鳥みたいな岩だよ」って・・・

s-CIMG5478.jpg

確かに・・・今にも飛び立ちそうだ。

三叉峰まで戻り、横岳を目指す。

s-CIMG5503.jpg

写真中央の右が山頂です。

9:30 横岳山頂・・・

s-CIMG5543.jpg

登山者多数のためスルー・・・。

s-CIMG5545.jpg

この先もスリリングな岩場が続く。

s-CIMG5549.jpg

岩場が終わると硫黄岳まで危険な場所は無い。

こちらから見る硫黄岳は穏やか・・・でも

s-CIMG5559.jpg

あの向こう側には想像を絶する光景が待っている。

硫黄岳山荘を過ぎ、最後の登り・・・

s-CIMG5573.jpg

この石が結構歩きづらいんだよね。

10:40 硫黄岳山頂着。

s-CIMG5597.jpg

今日は「葉っぱ色」じゃないよ(笑)

さて山頂の向こう側の光景は・・・

s-CIMG5582.jpg

切れ落ちた「爆裂火口壁」・・・

s-CIMG5586.jpg

山頂の人や看板分かるかな?

赤岳方面、少し雲が出てきたけど・・・

s-CIMG5604.jpg

絶景ポイントで昼食タイム・・・ただ、暑い!!

標高2760mあるのにさ・・・

本日、下界は地獄だったかな?

1時間ほどのんびりして引き返します。

左にネット、右は電機柵・・・

s-CIMG5618.jpg

鹿からの食害を防ぐためです。

ここら辺は7月に入ればコマクサが咲き誇る。

他の場所だけど、おじさんが知らずに電機柵触っちゃって大声出してた(笑)

また横岳を通り、三叉峰から下山です。

s-CIMG5623.jpg

写真中央右が横岳・・・

左のピークから杣添尾根を下る。

13:30 三叉峰から下山・・・

s-CIMG5678.jpg

天空の楽園を離れ・・・

暑い下界に下りるのは辛いが・・・

まぁ、仕方ない。


休まず一気に尾根を下りる。

s-CIMG5680.jpg

15:30 無事下山完了。

やっぱ下界は暑かった(笑)




「花編」につづく・・・。








悩み・・・?

人間、誰しも悩みを抱え生きている。


当然、俺だって悩みぐらいあるさ・・・。



「今度どこの山に登ろう」って毎日悩んでんだよね(笑)


「そんなの悩みじゃない!」って言われるかもだけど・・・


俺にとってはとても大事なことなんです(笑)






あと、最近は・・・


「今日の夕飯、何作って食べよう・・・」ってね。


毎日三食考えるって大変だよ~!!


ちなみに今日は・・・


s-4397.jpg


「野菜炒め」作りました。





朝起きたら朝食ができてて・・・


仕事から帰ったら夕食ができてる。


「それが当然だ」なんて思ってる旦那達・・・


主婦は思ってるより大変なんだよ!!


たまには・・・


「いつも食事作ってくれてありがとう」って・・・


それくらい言ってもバチは当たらないと思うよ。






まぁ、突然そんなこと言われた奥さんは・・・


「何かやましい事でもしてるんじゃない?」って


思っちゃうかもだけどね・・・(笑)







平標山・・・花編

日々の生活、ONとOFFの切り替えが大切です。

あっ、もちろん俺の場合・・・

ONが「登山」でOFFが「仕事」だけどね(笑)



平標山には沢山の花々が咲いていました。

山の上で、風にゆらゆら揺れる花を・・・

のんびり眺めるのが至福の時・・・

自分にとって最高の贅沢かもしれない。

s-CIMG5334.jpg

毎度のことですが・・・

花の名前間違ってたらごめんなさい。

s-CIMG5102.jpg
ヤマツツジはそろそろ終わり・・・



この薄ピンクの花は・・・
s-CIMG5103.jpg
タニウツギ



可愛い鈴みたいな・・・
s-CIMG5117.jpg
ウラジロヨウラク



似ているけど・・・これは
s-CIMG5119.jpg
ベニサラサドウダン・・・漢字だと

「紅更紗満天星」と書く・・・

花言葉は「明るい未来」だってさ。

「俺に明るい未来はあるのか?」(笑)



ナナカマドの花・・・
s-CIMG5125.jpg
これが赤い実になる。

秋には紅葉が見事なナナカマドです。



純白の花が可愛い・・・
s-CIMG5116.jpg
ツマトリソウ



イワカガミもほぼ終わりに近い・・・
s-CIMG5310.jpg
個人的にあまり好きじゃない花。



小さい花がメッチャ可愛い・・・
s-CIMG5299.jpg
アカモノ(イワハゼ)



ハイマツの実・・・
s-CIMG5145.jpg
なんか美味しそう(笑)



まだ蕾の・・・
s-CIMG5139.jpg
貴方はだぁ~れ?



キスミレ・・・だけど
s-CIMG5142.jpg
ナエバキスミレ?・・・ちょと違うか?



これは・・・
s-CIMG5141.jpg
ハクサンチドリ



ハクサンチドリに似てる?
s-CIMG5158.jpg
ヨツバシオガマ



これもヨツバシオガマなんだけど・・・
s-CIMG5210.jpg
花が白色の変種だと思われる。

一株のみ・・・非常に珍しいそうだ。



綺麗な葉っぱと思ったけど・・・
s-CIMG5169.jpg
よく見ると血管みたいで気色悪っ(笑)


ハクサンイチゲの群落・・・
s-CIMG5171.jpg

ちょうど満開で本当に沢山咲いていました。

s-CIMG5212.jpg

白い花弁に見えるのは実は「がく」なんだって。

s-CIMG5163.jpg
初めて知りました。



平標山から仙ノ倉山に向かう歩道脇は・・・
s-CIMG5272.jpg

一面のお花畑となってました。

s-CIMG5266.jpg

小さい花々がいっぱいです。



チングルマも終盤・・・
s-CIMG5207.jpg
この白いのは花弁で大丈夫です。



実物はもう少しピンクなんだけど・・・
s-CIMG5203.jpg
ハクサンコザクラ



黄色の花がたくさん・・・
s-CIMG5205.jpg
ミヤマキンバイ




最後にローアングルからの・・・
s-CIMG5275.jpg
ハクサンイチゲ・・・この撮り方が好き。



「いつまでも花一杯の自然環境が続きますように!!」






下山すると・・・


また何か連れてきちゃったみたいだ。


まぁ、今回は悪霊じゃなかったけどね(笑)



s-CIMG5337.jpg


「俺は葉っぱじゃな~い!!」






平標山・・・登山編

「さて、どこ行こう・・・行ったことない山?」

で、思い立ったのが・・・

平標山(たいらっぴょうやま)でした。


なんかレポート長くなりそうなので・・・

「登山編」と「花編」に分けました。





6月11日(土)2:00家を出発・・・

新潟県湯沢町を目指す。

4:15平標山登山口駐車場・・・600円なり

s-CIMG5093.jpg

4:30 トイレ横、登山届提出し出発・・・。

登山口には・・・

s-CIMG5328.jpg

トレイルランナーが「悪者」みたいに書かれているが、ちょっと違うんじゃないかな?

こんなのはマナーの問題で、登山者だってトレイルランナーだって同じだと思います。

登山者の中にだってマナー悪い人いますよ。



朝から気温は高め・・・吹く風が気持ちいい。

s-CIMG5100.jpg

先週は前半飛ばし過ぎで後半はヘロヘロだったのでゆっくりと登る。

s-CIMG5114.jpg

整備された登山道だが階段多い。

s-CIMG5109.jpg

鉄塔の横を過ぎ、更に高度を上げていく・・・

やっと日の出・・・

s-CIMG5135.jpg

「ダイヤモンド富士」ならぬ・・・

「ダイヤモンド平標山の手前の名も無きピーク」

右奥が平標山です。

振り返ると・・・

s-CIMG5136.jpg

だいぶ上がってきた・・・

遠くに見える平らな山は苗場山です。


さて、もうひと頑張り・・・

s-CIMG5157.jpg

日差しが徐々に強くなってきた。

s-CIMG5179.jpg

ここを登れば山頂・・・?

7:15 平標山(1983.7m)山頂着。

s-CIMG5189.jpg

そこそこ広い山頂・・・端っこで

お弁当食べるおじさん1人のみ。

s-CIMG5186.jpg

休まず先の仙ノ倉山に向かいます。

s-CIMG5194.jpg

まだ早朝なので登山者も少ない。

s-CIMG5216.jpg

左から2番目のピークが仙ノ倉山です。

天気も良くサイコー!!

s-CIMG5223.jpg

最後は階段下って、また階段上がる・・・

8:10 仙ノ倉山(2026.2m)山頂着。

s-CIMG5232.jpg

こちらも広い山頂・・・360度の大展望

s-CIMG5231.jpg

谷川岳方面の景色が最高だ!!

s-CIMG5236.jpg

右にエビス大黒ノ頭・・・

左に(ウルトラ)万太郎山・・・

その奥が谷川岳になる。

やせ尾根の稜線がメッチャかっこいい!!

いつか歩いてみたいものです。


さて引き返します。

s-CIMG5253.jpg

ちょっとガスが上がってきたけど問題なかった。

徐々に登山者が増えてきました。

s-CIMG5280.jpg

花を目当てに登ってくる人が多い。

9:20 平標山まで戻ってきた。

s-CIMG5286.jpg

ここからは別ルートで下山します。

s-CIMG5287.jpg

こっちの登山道から登ってくる人は少ない。

s-CIMG5291.jpg

貸し切りベンチで昼食タイム・・・

s-CIMG5292.jpg

おにぎり食べてると雲が広がってきた。

s-CIMG5305.jpg

見上げると太陽の周りには・・・

s-CIMG5304.jpg

暈(かさ)・・・天気崩れるのかな?


10:05 平標山乃家・・・

s-CIMG5316.jpg

水、トイレあり、宿泊もできます。

s-CIMG5323.jpg

ここから平元新道を下ります。

s-CIMG5325.jpg

やっぱり階段・・・そして

s-CIMG5326.jpg

カラマツ林を抜けると・・・

s-CIMG5332.jpg

あとは広い林道歩き・・・

11:40 駐車場まで戻ってきた。

s-CIMG5333.jpg

車の数ハンパねぇ・・・

駐車場係のお姉さんに聞くと・・・

「今年一番の車の数」だそうだ。

早く登って正解だったね!!




帰る途中、猿ヶ京温泉・・・

s-4382.jpg

「まんてん星の湯」にて汗を流す。




3時ちょい過ぎに帰宅・・・

2時間ほど卓球・・・また汗かいた。

せっかく温泉入ってきたのに・・・

まぁいいか(笑)




「花編」につづく








海?空?いや山だって・・・③

皇海山からの続きです。

s-CIMG5055.jpg

12:00 皇海山を出発・・・

でも既に脚はガクガク・・・

ペース落ち気味で、ちょっと不安。

s-CIMG5061.jpg

鋸山の先に分岐がある・・・さてどうする?

上空には雲が広がってきていた。

s-CIMG5067.jpg

幾分、暑さは和らいできた感じだが・・・

手持ちの水分も不安になってきた。


鋸山の分岐・・・

s-CIMG5036.jpg

左は朝来たハードなコース・・・

右は危険は無いがメッチャ距離が長く時間が掛かるそうだ。

やっぱ来た道を戻ることにする。


皇海山で一緒になった方・・・

s-CIMG5068.jpg

ここら辺の山に詳しいのでアドバイス貰いました。

しばらく後ろに付いていくが・・・

結局引き離されました・・・健脚ですね。


何度も休みながら・・・

14:00 庚申山の展望地まで戻ってきた。

s-CIMG5072.jpg

もう二度と登ることのないだろう皇海山に別れを告げ、下山を続けた。

次の分岐・・・

s-CIMG5075.jpg

いつもの通り「お山巡りコース」行きます。

奇岩の連続で楽しいコースです。

s-CIMG5079.jpg

庚申山は初めてという・・・

東京から来たご夫婦と一緒に歩きました。

s-CIMG5080.jpg

自分と同じで危険な岩山が好きらしい。

お互い山の情報交換しながら進みます。

コウシンソウの群生地に案内するも・・・

やっぱり今年は花少ないのかな?

s-CIMG5082.jpg

まぁ、咲いてるとこには咲いてるんだけどね・・・

s-CIMG5085.jpg

小さい花なので気づかず見過ごしてしまう人も多い。


この後、ご夫婦とも別れマイペースで歩きます。

最後は本当にヘロヘロでしたが・・・

s-CIMG5092.jpg

17:30 無事駐車場まで戻って来ました。

結局、13時間30分の行程・・・

まぁ、明るいうちに下山できたので良かった!!



駅舎の中に温泉施設がある・・・

s-4366.jpg

桐生市の水沼温泉にて汗を流し・・・

長い長い冒険の旅が終わりました。





さてさて・・・

いつの間にか梅雨入りしちゃいましたね。

今年の梅雨はどうなるのかな?

週末だけ晴れてくれるといいんだけどな(笑)








プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR