FC2ブログ
   
01
1
2
3
5
6
7
8
10
11
12
13
15
16
19
20
21
22
23
24
26
28
   

また勝頼・・・

1月31日(日)

天気が良さそうなので山梨に向け3:20出発。


予定では・・・

釈迦ヶ岳→府駒山→黒岳→中藤山→不逢山を

ぐるりと回る計画でした・・・が

予想以上に雪が多く・・・

予定していた駐車場が除雪してなくダメ。

路肩に・・・とも思ったが

除雪した雪が山になってて・・・

なかなか良い場所がなく断念しました。



さて、予定変更です。



まず向かったのが・・・

s-CIMG3927.jpg

甲州市の景徳院です・・・って

「山じゃないんかい!!」

「まぁ、せっかく山梨に来たので」

s-CIMG3940.jpg

ここには武田勝頼公のお墓があります。

上がっていくと立派な山門・・・

s-CIMG3930.jpg

でも山門はくぐらず右へ・・・

すると・・・

s-CIMG3931.jpg

「武田勝頼公の生害石」・・・?

この石の上で自害したってことです。

すぐ隣にには妻「北条夫人の生害石」

すこし離れた場所には・・・

長男「信勝の生害石」がありました。


そしてお墓も・・・

s-CIMG3935.jpg

三人並べてありました。


説明版には・・・

武田勝頼・・・37歳

北条夫人・・・19歳

武田信勝・・・16歳

??????????

「歳・・・間違ってるでしょ~」

「北条夫人は3歳で信勝産んだんかい!!」

と思って調べたら・・・

信勝の母は龍勝院って人で・・・

信勝出産の際に死去したらしいです。

なので北条夫人は後妻ってことですね・・・納得。


早朝なので自分以外に人影はなし。

まぁ、父の信玄公とは違って訪れる人は少ないのだろう。



お墓参りを済ませ・・・

行きとは別の道で戻ってくると・・・

s-CIMG3939.jpg

「首洗い池」・・・実際は川でしたけどね。

想像すると怖いです。





この後、山登りましたよ~。

それはまた後日アップします。





で、帰りに「甲斐大和駅」に寄りました。

目的はこれ・・・

s-CIMG4038.jpg

「武田勝頼公の銅像」です。

親子だね~!!

s-CIMG4042.jpg

やっぱりラケット持ってました(笑)




16時、家に帰ってきました。

1時間だけ卓球の練習に参加・・・

ん~疲れた!!







スポンサーサイト

武田勝頼・・・

「真田丸」第三回の放送では・・・

「佐助もう死んじゃうの!!」って・・・

驚かされましたが・・・三谷マジックでしたね。






武田勝頼(たけだかつより)・・・

「真田丸」では既に自害してしまいましたが・・・

一話~二話で勝頼役を演じた・・・

平岳大(ひらたけひろ)さんの演技は凄く良かった。

うちの妻も絶賛していました。

お父さんの平幹二朗さんに似てますね。





武田勝頼は私が「卓球の神様」と崇拝する・・・

武田信玄の四男として生まれました。

信玄から高遠城の城主を任されていたが・・・

長男から三男までいろいろあって・・・

結局四男の勝頼が武田家の跡を継ぐことになります。




結果、武田家滅亡の道をたどるわけですが・・・。

やっぱり父、信玄が偉大過ぎたってことかな?


勝頼は父、信玄の死を三年間隠しています。

武田信玄という存在がいかに・・・

敵対する武将たちに恐れられていたかが分かります。


「武田信玄恐るべし!!」です。






なんかブログの方向性がズレてきたかな(笑)










小山田茂誠・・・

今週末も天気悪そう・・・

山行けるかなぁ~?





今回は「真田丸」に出てくる・・・

「小山田茂誠」(おやまだしげまさ)について書きます。



小山田茂誠(高木渉)は・・・

真田昌幸の長女、松(木村佳乃)の夫です。

ドラマでは本当に仲のいい夫婦って感じですね。



茂誠を演じる「高木渉」さんはテレビドラマ初出演・・・

なんかまだ初々しさを感じる演技です。


本業は声優さんで「名探偵コナン」の・・・

小嶋元太や高木刑事の声を担当してます。

コナン好きの自分としては親近感を感じます。

高木さんの今後の演技にも注目です。




さて小山田茂誠という人物・・・

後に真田家の家臣となり・・・

現在の小県郡青木村を与えられます。

晩年は真田信幸と共に松代へ・・・

家老としてその生涯を閉じます。

お墓も松と一緒に松代にあるそうです。

松代はよく通るので今度行ってみようかな・・・。







小山田信茂・・・

「真田丸」・・・見てますか?

今日は登場人物の一人・・・

「小山田信茂」について書きます。

(もうドラマに出てくることはないと思いますが)





武田勝頼を織田勢から守るため・・・

岩櫃城に招こうとする真田昌幸。


しかし小山田信茂(温水洋一)は・・・

勝頼を自分の岩殿城へ連れていく。


だが信茂は岩殿城を目前にして・・・

勝頼を裏切り織田側に寝返った。


結局、小山田信茂は織田信忠により・・・

主君に対する不忠として処刑されたのでした。




ドラマでは峠の名前は出てきませんでしたが・・・

勝頼を裏切ったのは・・・「笹子峠」です。

s-CIMG9917_20160127094759df7.jpg

このトンネルから5分ほど登った場所です。

昨年「ナットウ箱山」と「笹子雁ヶ腹摺山」に登るため2回訪れてます。



で、処刑されたのが「甲斐善光寺」です。

s-CIMG9890.jpg

こちらも昨年訪れています。

長野の善光寺にそっくりの造りですが・・・

朱色が綺麗で、また違った趣のお寺です。






さてさて、皆さんは小山田信茂をどう見ましたか?

「悪者?」「裏切り者?」「卑怯者?」

「処刑は自業自得?」

まぁ、いいヤツには映ってないよね。



でも戦国時代の武将なんて・・・

あっちに付いたり、こっちに付いたり・・・

現に真田昌幸だって何回も主君替えてます。



もしかしたら小山田信茂はギリギリまで悩んでいたのかも。

滅びるのが見えている武田家を守るか・・・

それとも自分の一族・領土・領民を守るか。



最初から裏切るつもりはなかったんじゃないかなぁ。

武田勝頼を本当は守りたかったけど・・・

岩殿城に勝頼が入れば必ず織田が攻めてくる。


そうなると岩殿城下は戦火に見舞われ・・・

多くの犠牲者が出るのは間違いない。

(長篠の戦で小山田軍は千人もの戦死者を出している)



いろんなものを守るため小山田信茂は・・・

苦渋の決断をしたのだと思います。



最初から裏切るつもりだったら・・・

笹子峠で勝頼の首取ってるよね。




最終結論・・・

小山田信茂は決して悪い人ではなかった。




自分の勝手な想像に基づく結論です(笑)








卓球の神様・・・?

雪・・・けっこう降りましたね。

週末、山へ行けないわけではなかったんだけどね。

来週は行けるかな?



3月に毎年恒例の卓球大会がありまして・・・

我チームは年間を通して

土曜日 19:00~21:30

日曜日 13:30~17:00

で練習しております。

自分も山へ行ってなければ参加してます。

s-3601.jpg

今年は連覇がかかってますが・・・

練習量では他チームに負けてないと確信してます。

ただ・・・

くじ運も結構重要なんだよね・・・。




昨年あたりから・・・

「この人、もしかしたら卓球の神様かも」

って思い始めた人物がいて・・・

昨年は・・・

s-CIMG9897.jpg

お墓参りに行き優勝できた。

今年は・・・

s-CIMG3827.jpg

誕生の地にも行ってきた。

まぁ、この人を「卓球の神様」と思っているのは・・・

日本中でも自分だけだと思いますがね。




その人物は・・・





武田信玄公です。





s-CIMG3795_20160125100438bc0.jpg



ちゃんとラケット持ってるしね(笑)







要害山&深草観音

1月16日(土) 武田神社参拝後・・・

北へ数分車を走らせると見えてくる・・・

s-CIMG3900.jpg

要害山(ようがいさん)に登る。

要害山は武田信玄の父、武田信虎の山城跡です。

s-CIMG3811.jpg

要害温泉から歩くと、25分で山頂・・・

s-CIMG3826.jpg

標高770mしかないから、あっという間でした。

広い山頂には・・・

s-CIMG3827.jpg

「武田信玄公誕生之地」の碑

武田信玄はここ要害城で生まれたのか?



休まず先に進みます。

s-CIMG3830.jpg

次に目指すは深草観音(ふかくさかんのん)・・・

本日のメインです。



要害山から45分ほど歩くと・・・

s-CIMG3840.jpg

大きな岩が見えてきた。

岩の隙間には・・・

s-CIMG3841.jpg

石仏が所狭しと並んでました。

一体、目を引く石仏が・・・

s-CIMG3843.jpg

「あったかいんだから~」・・・それとも

「五郎丸ポーズ」か?

笑っているのかな?可愛らしい石仏でした。



大きな岩を過ぎると石灯篭と石段・・・

s-CIMG3845.jpg

そして石段の左には・・・

s-CIMG3849.jpg

大きな岩に掛けられた長いハシゴ・・・

s-CIMG3850.jpg

観音様の前を通り・・・

s-CIMG3851.jpg

いざ、ハシゴにチャレンジです。

s-CIMG3853.jpg

しっかり固定してあるので揺れはしないが・・・

今まで経験したハシゴの中で・・・

おそらく最長と思われる。

s-CIMG3854.jpg

上から見下ろすと、ちょっと怖い。

下からは見えないのだが・・・

s-CIMG3858.jpg

どうやら岩穴に木材で社が造ってある。

s-CIMG3857.jpg

暗いのでフラッシュ撮影・・・

s-CIMG3856.jpg

中に入れます。

参拝し右の穴から出る。

s-CIMG3860.jpg

穴の外から見ると・・・

s-CIMG3862.jpg

こんな感じだ。

ハシゴ上らなくても巻き道ありました。

s-CIMG3864.jpg

自分の後から来た夫婦は迷わず巻き道で上がっていきました。



こういう場所大好きです!!

来て良かった!!



下山は別ルートで・・・

要害山と通らずに下りてきました。

s-CIMG3891.jpg

立ち寄った積翠寺には・・・

s-CIMG3890.jpg

「武田信玄公誕生之寺」って・・・

結局信玄公はどこで生まれたんだ?



まぁ、生まれた場所に碑があるって武将も珍しいのかな?

それだけ武田信玄は偉大だったってことでしょう。



約2時間30分の工程でした。

この後、新府城に立ち寄り帰路に。

15時前には家に着きました。




山・神社・寺・城跡・・・などなど

まだまだ山梨県で遊べそうだな!!








甲斐の国探訪

1月16日(土) また一人で山梨に向かう。

まずは甲府駅前・・・6:35 まだ薄暗い

s-CIMG3794.jpg

ただ武田信玄公の銅像が見たかっただけ。



車で10分ほど・・・次は武田神社

s-CIMG3798.jpg

昨年1月に訪れた時は初詣客で長蛇の列・・・

参拝を諦めて帰ったのだった。

s-CIMG3804.jpg

しかし今回は早朝なので・・・

ゆっくりと参拝&散策できた。


本殿の右隣に宝物殿・・・なぜだか

s-CIMG3806.jpg

入り口にキティちゃんが・・・。


そして、武田神社の狛犬は・・・

s-CIMG3808.jpg

相変わらずの巨乳でした。




この後の登山は後日アップします。




下山後に向かったのは・・・韮崎市

「真田丸」に出てきた新府城です。

s-CIMG3903.jpg

まずは長い石段を上ります。

s-CIMG3926.jpg

階段の右にはジグザグの歩道もあります。

階段の上には・・・

s-CIMG3909.jpg

神社が祀られています。

その奥には予想以上に広大な敷地・・・

s-CIMG3913.jpg

20ヘクタールだってさ。

ここに武田勝頼が真田昌幸に城を造らせた。

s-CIMG3911.jpg

8カ月の突貫工事・・・しかし

勝頼が滞在したのは68日だけでした。

s-CIMG3918.jpg

最後は敵に城を奪われるのを恐れ・・・

新府城は焼き払われたのでした。

「真田丸」の通りです。


城跡は林に囲まれてますが、木々の隙間から

南に富士山、西に鳳凰三山が見えます。

そして北側のみ展望あり・・・

s-CIMG3917.jpg

八ヶ岳がよく見えます。

もし浅間山が見えるとすれば・・・

写真の右側の木の辺りかな?

浅間山の山頂は確認できなかったが・・・

噴煙が高く上がれば見えるのは確実と思われる。


当時、浅間山の噴火は異変の前兆と信じられてたってさ・・・

織田軍の侵攻と重なり武田勢は動揺したみたいだ。




何もない城跡だが・・・

歴史を理解しながら訪れるとなかなか面白いものです。









真田丸

1月10日(日) 待ちに待ったNHK大河ドラマ「真田丸」の放送が開始されました。

皆さんご覧になりましたか?

s-CIMG3793.jpg


脚本が三谷幸喜ということもあって期待していました。

いやぁ~面白かった!!

真面目な時代劇の中にも所どころ笑いを入れてくるのはさすがです。


まぁ、42歳の堺雅人が15歳の真田信繁を・・・そして

同い年の大泉洋が16歳の信幸を演じてるし(笑)


昌幸役の草刈正雄もいい味出してました。

「武田は安泰です」と言ったかと思うと・・・

信繁達には「武田は滅びる」って言うし(笑)


浅間山の噴火・・・って

新府城のある韮崎市から本当は浅間山見えないし・・・

まぁ、富士山噴火させるわけにもいかないか(笑)


佐助が「新しい技を覚えました」って・・・

その手さばきは・・・ジャッキーチェンか(笑)


三谷作品はツッコミ所も満載です。




もともと歴史は苦手な自分ですが・・・

ナレーションの説明が分かりやすかったし・・・

自分の行ったことのある・・・

s-CIMG2189.jpg

岩櫃城↑だったり・・・

s-CIMG9641.jpg

岩殿城↑の名前が出てくると面白さも倍増です。



今後の放送にも期待すると共に・・・

自分も歴史を勉強しなおしてみようあなぁ~

なんて思っているところです。






大菩薩嶺

1月9日(土)

日本百名山の大菩薩嶺(だいぼさつれい)に登ってきた。



3:45 家を出発・・・

7:00 山梨県甲州市、裂石の登山口着。

s-CIMG3737.jpg

次々に車が入ってきて、あっという間に満車状態。

7:15 登山開始。

s-CIMG3744.jpg

西側斜面なのでなかなか陽が当たらない・・・

落葉した広葉樹林の中を黙々と歩く。

ちょっと寒いが汗をかかない程度で丁度いい。


8:30 上日川峠のロッヂ長兵衛に着く。

s-CIMG3749.jpg

ここから大菩薩峠や大菩薩嶺に直接向かうコースもあるが・・・

s-CIMG3750.jpg

あえて遠回りして石丸峠を目指す。


途中、こんな看板が・・・

s-CIMG3753.jpg

今日は一人です・・・すみません。


10:00 石丸峠・・・

s-CIMG3761.jpg

笹原がなんともイイ感じだ。

熊沢山を越え・・・

s-CIMG3764.jpg

10:25 介山荘のある大菩薩峠に着く。

s-CIMG3765.jpg

風が吹くとちょっと寒いが天気は最高。

s-CIMG3768.jpg

あれが大菩薩嶺か・・・と思ったら

山頂はもう少し奥でした。


山頂手前からの・・・

s-CIMG3771.jpg

大菩薩湖&富士山・・・そして

s-CIMG3779.jpg

甲府盆地&南アルプス・・・景色最高!!



11:05 大菩薩嶺山頂(2057m)に着いた。

s-CIMG3780.jpg

山頂は林に囲まれ展望なし。

雪も残っていました。

例年ならこの時期、もっと雪が多いはずだけどね。

s-CIMG3781.jpg

とりあえず記念撮影だけして即下山開始。

丸川峠側に下ります。

s-CIMG3783.jpg

北側斜面は雪が凍っていたが・・・

アイゼン付けなくても大丈夫な程度でした。


12:10 丸川峠着。

s-CIMG3784.jpg

富士山も見納めです。



13:20 駐車場に戻ってきた。

s-CIMG3792.jpg

帰る登山者もいれば、これから登る登山者もいました。

大菩薩嶺は危険な場所もなく・・・

歩きやすい登山道なので初心者でも大丈夫でしょう。

山荘も多く人気なのが分かります。



スリルが全くないので自分には物足りませんがね(笑)






2016年始まる。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。





さて2016年一発目の山は・・・

群馬県の水沢山です。


1月3日(日) 3:15 家を出発・・・

s-CIMG3706.jpg

水沢観音にて参拝し・・・

5:40 登山開始。

6:58 山頂手前のピークにて日の出を迎える。

s-CIMG3708.jpg

ちょっと霞んでいたが・・・

s-CIMG3714.jpg

信州では見ることのできない・・・

地平線からの日の出です。

(下の方には雲あったけどね)




日の出を拝んでから山頂へ・・・

s-3505.jpg

7:25 水沢山山頂着・・・

3年前は-12℃だったが・・・

今回は3~4℃と暖かく・・・

とても1月とは思えない気候でした。



山頂でのんびりしてから下山開始。


下山途中では・・・

s-CIMG3732.jpg

野鳥との触れあいもあり・・・

9:45 水沢観音に無事下山。

s-CIMG3734.jpg

初詣の人で賑わっていました。






さて今年はどんな一年になるのやら・・・


楽しみな一年の始まりです。






プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR