03
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
17
19
20
21
23
24
27
29
31
   

羅漢寺山・・・

3月28日(土)

ちょこっと山梨県昇仙峡の羅漢寺山(らかんじやま)へ。

金桜神社側の登山口から入る。

s-CIMG0510.jpg

道幅の広い場所に駐車。

舗装路と・・・

s-CIMG0511.jpg

未舗装の林道を25分ほど歩くと・・・

s-CIMG0524.jpg

あれ?もう羅漢寺山山頂に着いた。

これじゃあ登山と言えねぇじゃん!!


山頂には・・・

s-CIMG0517.jpg

八雲神社と・・・

s-CIMG0523.jpg

ロープウェイの終着駅などがあるが・・・

早朝なのでまだ観光客はいない。


ちょっと先の・・・

s-CIMG0532.jpg

弥三郎岳に向かいます。


おっと、いい感じの看板・・・

s-CIMG0534.jpg

「スリルに満ちた登山道」だって・・・ワクワク


まずは・・・

s-CIMG0536.jpg

階段・・・そして

s-CIMG0541.jpg

岩にはステップが切ってある。



「どこがスリルじゃー!!」

「安全すぎるぞー!!」

(個人的な感想です)



とりあえず富士山と記念撮影。

s-CIMG0553.jpg

晴れ予報なんだけどな・・・曇天です。


三角点でお賽銭アート?

s-CIMG0548.jpg

あっ・・・俺じゃないよ!!



次は向こうに見える・・・

s-CIMG0554.jpg

白砂山に向かいます・・・が

登山道が分からずウロウロ・・・

s-CIMG0563.jpg

たぶん、この写真左側の隙間かな?と思い進むと正解でした。



白砂山は名前の通り・・・

s-CIMG0576.jpg

花崗岩の風化によって出来た白い砂浜のような場所でした。

燕岳や日向山に似てます。


s-CIMG0572.jpg

さっきまでいた弥三郎岳が反対側に見えます。



さらに進み白山展望台・・・

s-CIMG0598.jpg

ここも白い砂で、山の上とは思えない風景です。



最後は「太刀の抜き岩」を見て

s-CIMG0616.jpg

車まで戻ってきた。

約4時間の行程でした。


まぁ、登山とは言えない感じですが・・・

アップダウンも少なく登山道も歩きやすいし・・・

気軽なハイキングって思えば結構楽しめる山です。

紅葉の時期にも来てみたいが・・・

滅茶苦茶混むんだろうな・・・(^^;











スポンサーサイト

御在所岳・・・

3月下旬の三重県なんて信州人のイメージではポカポカの春山だと思っていたが・・・

s-CIMG0489.jpg

看板通り、甘くなかったです!!






3月25日(水) 三重県菰野町

2年前から登りたかった御在所岳(ございしょだけ)に登ってきた。

山は寒波の影響で前夜から雪でした。

6時から登る予定だったが・・・

s-CIMG0358.jpg

1時間遅らせ陽が当たってきた7時、駐車場を出発。

平日だし、天気も悪いので他に登山者は見当たらない。

見上げると・・・

s-CIMG0359.jpg

御在所岳は冬山と化している。

ロープウェイの白い鉄塔が見えます。

ロープウェイなら12分で山頂だけどね・・・。


舗装路を少し歩き・・・

s-CIMG0360.jpg

幾つかある登山道から「中登山道」を選択し、登山届も提出し山へ突入。

s-CIMG0362.jpg

思ったより雪が多い。

高度を上げるにつれ巨石が現れてきた。

s-CIMG0366.jpg

これは「おばれ岩」・・・

s-CIMG0367.jpg

倒れそうで倒れない巨石です。


5合目付近・・・

s-CIMG0376.jpg

四日市市方面と伊勢湾・・・

陽も当たっているが、まだ雪もパラパラしてた。


そして今回どうしても見たかった「地蔵岩」です。

s-CIMG0377.jpg

根元までは行けます。

この角度だと大したことない岩ですが・・・

少し登った場所から見ると・・・

s-CIMG0398.jpg

落ちそうで落ちないサイコロ状の岩と・・・

バックの街並みと海のコラボレーション・・・

s-CIMG0400.jpg

チョー興奮です!!

地蔵岩見れたんで、もう下山してもいいと思ったけど折角なので山頂目指します。


6合目、キレットの岩場・・・

s-CIMG0404.jpg

だんだんスリルのある岩場が多くなってきます。

s-CIMG0407.jpg

ハシゴ・クサリ・ロープもあります。


7合目過ぎたあたりから・・・

s-CIMG0412.jpg

残雪+新雪に苦戦しました。


山頂が近づくにつれ、ガチの冬山に・・・

s-CIMG0422.jpg

強風とアラレみたいのが顔に当たって痛い。

s-CIMG0418.jpg

三重の山でまさかの樹氷だしね・・・さぶっ!!


s-CIMG0428.jpg

こんな天気で富士山なんか見えるはずないし・・・。


やっと山頂・・・

s-CIMG0432.jpg

と思ったら、ここはロープウェイの終着駅・・・


本当の山頂は・・・

s-CIMG0439.jpg

あのスキー場の上でした。


リフトも運転してたしレストランもやってたけど・・・

自分が見る限り、スキー客は1人もいませんでした。


s-CIMG0442.jpg

除雪してない舗装路をラッセルして進みます。


9:25 本当の山頂に着いた。

s-CIMG0448.jpg

御在所岳、標高1212mです。


晴れていれば・・・

s-CIMG0445.jpg

琵琶湖も見えたのかな?

s-CIMG0452.jpg

滋賀県と三重県の県境です。


のんびりラーメンという天気でもないので下山開始。

ゲレンデ下りた方が近いんだけど・・・

怒られそうなので来た道をロープウェイの駅まで戻ります。



晴れてれば隣の国見岳にも行きたかったが・・・

s-CIMG0458.jpg

とにかく早く標高下げたかった。


下山は「裏登山道」を選択・・・

s-CIMG0459.jpg

距離は長いがそのぶん傾斜は緩やかなはず。

s-CIMG0462.jpg

谷を下っていきます。

ただ雪で踏跡が消えちゃっていて・・・

s-CIMG0463.jpg

何度もルートを外しそうになったり・・・

時々ズボッと雪を踏み抜いて膝上まで埋まったり・・・

s-CIMG0477.jpg

それでも高度を下げるにつれ暖かくなり雪も融けてました。



11:30 無事下山です。

s-CIMG0490.jpg

駐車場は15台くらいに増えてました。

やっぱり人気のある山なんだね!!

今度来るときは無雪期に登りたいな。



ちょっと?いや、かなり遠かったけどね・・・(^^;










善光寺東海別院・・・


奇岩を見るため三重県まで行ってきました。


と、その前にちょっと寺巡り・・・。





4月5日から善光寺で七年に一度の御開帳が始まるのは皆さんご存じだと思いますが・・・


これって知ってますか?


s-img001.jpg


「六善光寺」


自分にとっては最後、六番目の善光寺参拝となりました。





3月24日(火) 愛知県にて・・・


「善光寺東海別院」を参拝しました。

s-CIMG0357.jpg

平日の午後3時頃・・・

それでも10数人の参拝者いました。


ここの善光寺は・・・

「極楽をこの世で拝める善光寺」だそうです。

ってことで「お戒壇めぐり」へ

s-CIMG0346.jpg

階段を下ると当然真っ暗・・・

壁を伝って進むと・・・ん?

s-CIMG0347.jpg

なんかキラキラ・・・そして

s-CIMG0348.jpg

ここが極楽ってことらしい。

ちょっと暗くて分かりづらいですが手前に錠前・・・

この錠前の真上に善光寺如来様が安置されてるらしい。



あっ、そうそう・・・

お戒壇めぐりの前に写真撮影していいのか聞いてみた。

「撮った写真を粗末に扱わなければいいですよ」って。


はい、パソコン・スマホの前の皆さんも・・・合掌!!





参拝を終え、久しぶりに「おみくじ」引いてみた。

s-CIMG0353.jpg

「末吉」だってさ・・・俺らしいね。


病気・・・

s-CIMG0355.jpg

「長引くかも」だって・・・如来様は何でもお見通しだね。



最後にいい言葉が書いてあった。

s-CIMG0356.jpg

「・・・峠たくさん」か・・・


まぁ、「山の峠」も「人生の峠」もさ、俺にとって・・・


「乗り越えられない峠などないのだー!!」












奇跡の岩・・・


3月25日(水)

2年前から登りたかった山・・・

って言うか・・・

どうしても見たかった岩を見てきました。






奇岩好きにはたまりません!!


詳細はまた後日・・・(^^)v







新・桃太郎伝説・・・?


これは山梨県大月市周辺に伝わる「桃太郎伝説」を基に、イイヤマが勝手に創作した物語です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~



時は現代・・・

あるところにお爺さんとお婆さんが住んでおった。

お婆さんは川へ洗濯・・・ではなく

家で洗濯機を回し・・・

お爺さんは山へしば刈り・・・でもなく

百蔵山(ももくらさん)へ登山にいきました。

s-CIMG0302.jpg

s-CIMG0285.jpg

下山途中、大きな桃を見つけ持って帰り・・・

割ってみると中から男の子が産まれ・・・

名を「桃太郎」と名付けた。



時は流れ、成人した桃太郎は・・・

田舎暮らしを嫌がり都会へ出ていった。



「鬼退治に帰ってこい」とメールするが・・・

某携帯電話会社のCM撮影が忙しいく帰れないそうだ。



仕方なくお爺さんは自分で鬼退治に行くことにした。

お婆さんは「きび団子」など作れるはずもなく・・・

団子坂(談合坂)で「きび団子」ではなく・・・

s-CIMG0336.jpg

「みたらし団子」を買い・・・


まずは・・・

s-CIMG0271.jpg

犬をお供にし・・・

s-CIMG0264.jpg

猿もお供にし・・・

s-CIMG0270.jpg

キジも仲間にした。





目指すは鬼の住む九鬼山(くきさん)・・・

s-CIMG0304.jpg

途中、犬・猿・キジだけでは不安なので・・・

s-CIMG0315.jpg

熊も仲間にし・・・

弱そうだが・・・

s-CIMG0327.jpg

リスも仲間にし・・・

最後には・・・

s-CIMG0321.jpg

天狗まで仲間に加え・・・

「いざ、鬼退治!!」



s-CIMG0332.jpg

最強軍団により鬼退治完了!!

めでたしめでたし・・・。







さてと、鬼嫁の待つ家に帰るとするか(^^;








たとろ山・・・

3月14日(土)

二子山の下山後、短時間で登れる山・・・

「立処山」を選択した。

s-CIMG0216.jpg

10:30 古鉄橋近くの空き地に駐車し登山開始。

見上げると・・・

s-CIMG0218.jpg

右の一番高いところが山頂かな?

s-CIMG0220.jpg

山頂まで1時間の道のり・・・楽勝か?

まぁ、この山を選択した理由は他にあるんだけどね。

それは後ほど・・・。



結構な急登&落ち葉に苦戦・・・

s-CIMG0225.jpg

危険はないが滑ります。


「恐竜の足跡」を見た後なので・・・

大きな岩があるたびに足跡を探しちゃいます。

まぁ、そんな簡単に発見できるはずないですがね・・・。


でも、こんなの見つけた・・・顔!

s-CIMG0226.jpg

誰かに似てる・・・?



さて、立処山を選んだ理由は・・・これ!

s-CIMG0229.jpg

鍾乳洞です。

入口は狭いので・・・

s-CIMG0230.jpg

ザックは置いていきます。

ライトは日帰り登山でも常備してるので大丈夫。

いざ!探検開始!!

s-CIMG0234.jpg

鍾乳洞に入ってすぐハシゴを下りていきます。

s-CIMG0238.jpg

当然ライトがなければ真っ暗闇・・・

s-CIMG0241.jpg

外部の音も遮断され静寂の世界です。

s-CIMG0240.jpg

正直・・・超ビビってます。

危険な岩場を登るのとは違った恐怖感です。

途中キョロキョロしてたら・・・

「あれ?自分どっちから来たっけ???」ってなり一瞬焦りました。

冷静になって考え、来た道を戻ります。

まだまだ鍾乳洞は先に続いてたけど、不安と恐怖には勝てませんでした。

やっぱ小心者の自分です!!





さて登山再開です。

最後ちょこっと岩場ありましたが問題なし。

s-CIMG0244.jpg

11:35 山頂着・・・。

標高たったの735mだけど・・・

s-CIMG0254.jpg

高度感あります。


正面の叶山の奥に・・・

s-CIMG0252.jpg

さっき登った二子山の西岳が見えました。

山頂でおにぎりを食べ下山開始。




下山はあっという間・・・

往復2時間の行程でした。



ちょっと鍾乳洞には未練が残りました。

誰か一緒に、もっと奥まで探検してくれないかな?

探検隊員募集中!!


「鍾乳洞、みんなで入れば怖くない」(^^;




さて、来週はどこへ探検行こうかな(^^)v









足跡・・・

二子山からの下山が予定よりも早かったので次の山へ・・・

と、その前にちょっと寄り道です。

群馬県神流町、国道299号線沿い・・・

「恐竜の足跡」を見に立ち寄ってみた。

s-CIMG0214.jpg

駐車場では恐竜がお出迎えしてくれたが・・・

土曜日だというのに見学者はゼロ。

どこに「恐竜の足跡」があるのかと思ったら・・・

s-CIMG0213.jpg

なんと国道の真横の岩に足跡はあるみたいだ。

s-CIMG0198.jpg

もっと山の奥の方にあると思っていたのでビックリ!!

まぁ、ここも十分山奥ですが・・・。

s-CIMG0200.jpg

ほとんど車の往来がないのでゆっくり見学できます。

s-CIMG0199.jpg

その昔ここは海岸だったんだね・・・

そしてこの岩には3種類の恐竜の足跡が残ってるんだってさ。

s-CIMG0201.jpg

それにしても、この凹みが「恐竜の足跡かも」って思った人はすごいな!!

s-CIMG0202.jpg

もしかしたら皆さんの近所にも「恐竜の足跡」あるかもね・・・。


説明版の後ろを振り返ると・・・

s-CIMG0207.jpg

とりあえずボタン押してみた・・・すると

どこからともなく音楽が鳴り始めた。

しかも結構な音量です。

すこし離れたこのスピーカーからでした。

s-CIMG0210.jpg

山間に響きわたる音楽と説明・・・

「俺一人に聞こえればいいんだけどな・・・」



まぁ、一人ですが・・・。




さてさて、次の山へ向かいます。



次の山には何があるかな?




つづく・・・。








二子山・・・

「二子山」って、相撲部屋じゃないよ。


久しぶりのちゃんとした登山です。




3月14日(土) 3:00 家を出発・・・

埼玉県小鹿野町へ向かった。

s-CIMG0079.jpg

5:30 二子山登山口近くの路肩に駐車。

6:00 ゆっくり登山道を歩き始める。

s-CIMG0080.jpg

6:45 鞍部の分岐に着いた。

ここまでは危険な場所はない。

問題はここからです!!


まずは右の東岳を目指す。

s-CIMG0193.jpg
(下山後撮影の二子山)

林の隙間から岩山が見える。

s-CIMG0084.jpg

北側から回り込むのだが・・・

s-CIMG0086.jpg

雪が残っていて凍り付いてる箇所もあり怖かった。


危険個所をクリアし、東岳山頂かと思いきや・・・

s-CIMG0090.jpg

まだ先があった・・・。


7:10 東岳山頂着・・・

s-CIMG0093.jpg

「いい夫婦の日」に夫婦で登るのに適した標高ですな。

まぁ、我が家ではありえませんがね・・・。


展望は良かったが・・・

s-CIMG0099_20150314172049d2e.jpg

ちょっと霞んでました・・・春霞かな?


分岐まで戻り、今度は西岳を目指します。

東岳から見た西岳・・・めっちゃスゲー岩山です。

s-CIMG0089.jpg

コースは2通り・・・当然・・・

s-CIMG0082.jpg

上級者コースを攻めます!!・・・が

不安をあおる看板!!

s-CIMG0083.jpg

さらに・・・

s-CIMG0108.jpg

ここまで書かれると正直ビビります。


以前はクサリあったみたいだけど・・・

s-CIMG0109.jpg

数年前に取り外したみたいだ。


まぁ、何とかなるかな?

s-CIMG0107.jpg

覚悟を決めてレッツチャレンジ!!

s-CIMG0110.jpg

マーキングのルートを三点支持で進みます。

意外とつかみ易い岩だし・・・

足場もしっかり確保できたので・・・

思っていたよりアッサリ攻略できちゃいました。

面白かった!!


振り返ると東岳が・・・

s-CIMG0115.jpg

案外、凍った東岳の方が怖かったかも・・・。


緊迫の岩場が終わったかと思いきや・・・

s-CIMG0118.jpg

西岳山頂まではまだまだ気の抜けない岩場が続きます。


8:05 西岳山頂着・・・

s-CIMG0125.jpg

とりあえず三脚立てて記念撮影したが・・・

s-CIMG0131.jpg

完全な逆光でした。


昨年11月に登った・・・

s-CIMG0128.jpg

ギザギザの両神山がよく見えました。


小休止で下山開始・・・

s-CIMG0134.jpg

といってもまだまだ岩場の連続です。


二子山の岩は面白い・・・

s-CIMG0137.jpg

s-CIMG0160.jpg

岩好きにはたまりません!!


最後にクサリ場ありましたが・・・

そこをクリアすれば後は危険な場所はありません。



下から見上げる二子山・・・

s-CIMG0179.jpg

岩だらけの二子山・・

とってもとってもスリリングーな山でした。

今度は雪が融けて山が色づき始めたらまた来たいな。



国道299号線に出ました。

s-CIMG0185.jpg

後は舗装路を少し歩きます。

s-CIMG0194.jpg

9:45 車まで戻ってきました。

5時間は掛かると思っていたので早かったな。




もう一山・・・行っちゃう?



つづく・・・。








山×3・・・


3月7日(土)

久しぶりの山・・・



スペース・・・



マウンテン



スプラッシュ・・・



マウンテン



ビックサンダー・・・



マウンテン


いや~寒い一日でした。




来週はちゃんと山行けるかな(^^;








5年ぶり・・・

3月1日(日)

毎年恒例の町の卓球大会でした。


ここ最近は山へ行きたい衝動を抑え、仲間と共に練習に励んでました。


その甲斐あって見事、我がチームは5年ぶり2回目の優勝を果たすことができました。



娘と組んだダブルスも今回は1度も負け無し・・・最強の親子ペアかもね(^^)v






プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR