FC2ブログ
   
08
1
2
3
5
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
31
   

CT検査…

8月29日(金)

病院にて血液検査とCT検査でした。


血液検査の結果は安定してました。


CT検査では、やっぱり右脚つけねのリンパ節が徐々に大きくなってきているのが確認できました。

今はまだ大丈夫ですが、もっと腫れて歩くのに支障がでたり、血管を圧迫し、脚にむくみが見られた場合は抗がん剤治療を始めると言われました。


それが来月なのか…


それとも数年先になるのか…


もしかすると数百年先…かもね(^^;






スポンサーサイト

押さないで・・・


8月24日(日)

さっちゃんと荒船山へ・・・。



8:25 登山開始



団体さんもいて相変わらず人気の山・・・と思ったが

今日は以外に少ない登山者でした・・・天気のせい?


登山道は歩きやすいが・・・



壊れてしまった橋もあり・・・。


途中から見える・・・



荒船山の艫岩(ともいわ)・・・断崖絶壁です。


10:00 艫岩に着く・・・ちょっと休憩。



たしか2009年・・・

「クレヨンしんちゃん」の原作者がここから転落死。

荒船山は全国に知れ渡った。



実は4日前にも転落死亡事故があったばかりだ。

景色はいいが、絶壁に柵などは無く・・・

一歩間違えればあの世行きは間違いない。



休憩後、荒船山の最高地点・・・経塚山へ



先客・・・3名のみ。

いつもなら大勢お昼食べてるんだけどね。



艫岩まで戻り昼食を食べ・・・

そろそろ下山と思っていたら・・・

何やら遠くから歌声?・・・いやお経でした。


そして現れた13人の白装束・・・



修行僧の一団と思われるが・・・

絶壁の上で般若心経を唱えてました。



一団の長と思われる人が言ってました・・・

「あまり端へ行くと(霊に)引きずり込まれるぞ!!」


お~こわ~!!


でも・・・



危険と分かっていても覗きたくなるのが人間です。



「イイヤマさん、押さないでねー!!」



「押すな押すな」は「押せ」の合図・・・byダチョウ倶楽部






霊に引きずり込まることもなく・・・

14:00 無事下山となりました。




 

ハダカ山・・・


今年のお盆休みは天気悪すぎ・・・

まぁ、無理せず予定変更です。




8月16日(土) 

土砂降り雨の中、3時に家を出発・・・

比較的天気の良さそうな山梨県へ車を走らせる。


山梨県に入る頃には雨も止んできた。



「県民の森キャンプ場」の駐車場・・・


道路反対側のウッドビレッジ伊奈ヶ湖・・・トイレあり。



この建物の右側に登山道入り口・・・



中尾根登山道を進み、まずは「櫛形山」を目指す。


霧の中、比較的歩きやすい登山道が続くが・・・



蒸し暑い・・・



すぐに汗だくです。



8時を過ぎた頃・・・青空が見え始める



でも、ほんの一瞬の晴れ間でした。


8:10 ほこら小屋・・・



トイレ、水場あるみたい。


原生林が多く残っている山で・・・



樹齢数百年?の巨木も沢山あった。


バラボタン平・・・



マルバダケフキの群生地・・・花は終わりに近い。



8:55 櫛形山山頂(2051m)着。



広い山頂だが木々に囲まれ展望はない。



櫛形山は一応・・・200名山です。



次に目指すは「裸山」・・・



巨木の原生林の中を気持ちよく歩く・・・

花はほとんど咲いてない。



もうキノコの季節なのかな?



裸山の手前にネットが・・・



アヤメを守るための食害防止用のネットです。



アヤメの時期は過ぎてますが・・・



ネットの中にはマツムシソウやクルマユリなど・・・

沢山の花々が咲き誇っていました。



櫛形山は「花の百名山」らしいが・・・

ネット外に花はほとんど無い。

二ホンジカによる食害・・・悲しい現実です。




9:30 裸山(2003m)



さっき登った櫛形山もあっという間にガスに隠れてしまった。



晴れていれば赤石岳や聖岳が見えるらしい。



なぜ「はだか山」なのか疑問です。





霧の立ち込める中、アヤメ平に向かう。



15分ほどでアヤメ平に着くが・・・



ここも食害防止ネットに保護されてます。



今度はアヤメの咲く時期に来てみたいな。



時間があるので唐松岳へ・・・



10:30 唐松岳(1856m)

ここも展望なし。



アヤメ平まで戻り下山開始。


11:40 雨が降り始めた・・・

予想より早い雨だったが小雨なので助かった。



途中の「みはらし台」・・・



右に富士山・・・

左に金峰山・・・が見えるはずだったが真っ白。



12:30 舗装路に出た。



あとは駐車場まで15分ほど舗装路歩きだ。



見上げれば霧の奥に櫛形山かな?

天気はさほど良くなかったが・・・

楽しい山歩きのできるコースでした。





裸山ではハダカになって写真撮るべきだったかなたらーっ








 

0m

たまには…



海抜0m

酸素濃すぎ~(^^;

金城山・・・おまけ


金城山・・・

2合目なのに・・・



「山頂広場」・・・?



でも金城山の山頂には・・・



まぁ、広場というほど広くはないが・・・



10人くらいならお弁当広げられそうな・・・

自然にできたとは思えない平らな岩がある。


次回は大勢でマイムマイムでも・・・

ただ、落ちるときは道づれ・・・たらーっ



写真の中に「象」がいます。



分かるかな?・・・拡大



さらに拡大・・・



ほらね・・・たらーっ




葉っぱの上に小枝が・・・



揺らしても落ちない・・・



もしかして木の枝じゃない???

ツンツン・・・



真ん中からポキッ・・・いや、フニャ

あー!!



半分落ちちゃった!!

なんだこれ~!!



足がある・・・虫か???

こっちが顔か???



それにしても変な生き物だ!!


どうやらオスとメスが・・・

お楽しみの真っ最中だったらしく・・・

邪魔をしてしまい大変申し訳ありませんでした!!



家に帰ってきて調べてみました。

どうやらツマキシャチホコという蛾の仲間らしい。

どう見ても木の枝にしか見えない・・・

生まれて始めて遭遇した虫に感動!!

しかも名前に「シャチホコ」って・・・

の名にふさわしい虫と出会えました!!





出会いたくないムシもいた・・・



マムシです。

8合目と9合目の間・・・そして

山頂手前の計2匹と遭遇・・・コワッ!!



チ○コみたいな頭の形しやがって・・・たらーっ








 

金城山・・・


昨年、巻機山(まきはたやま)に登った帰りに見つけた・・・

金城山(きんじょうさん)に登ってきた。




8月3日(日)

2:00 家を出発・・・

新潟県の十二峠が土砂崩れで通行止め・・・

ちょっと遠回りで南魚沼市に着く。



登山口近くの広い場所に駐車・・・

巡回中のパトカーにジロジロ睨まれる。

「決して怪しい者ではありません。」たらーっ



5:25 観音山登山口より突入・・・



少し登ると・・・



米どころ新潟の田園風景がなんともイイ感じだ。


右前方・・・



金城山はまだまだ遠い。


2合目・・・



ここまでの登山道にも数体の観音様・・・

ここには20数体祀られていました。



登り始めて1時間、朝日が・・・



暑さが急激に増してきた・・・

すでに汗だくです。



マイナーな山・・・

しかも本日1番乗りの登山道・・・



クモの巣がハンパないです!!

クモの巣壊しは・・・

「相棒」に頑張ってもらいました。



本日の「相棒」です・・・




登山口で拾った枯れ枝・・・

「相棒」とは山頂まで一緒でした。



4合目を過ぎると急登が多くなってきます。



ロープやクサリ場・・・でも危険な場所はない。


所どころ展望の良い場所あり・・・



「コシヒカリ」かな?


8合目・・・



もう少しだが暑い!!

汗が滝のように流れる。

ペットボトル1本目終わり。



8:35 金城山(1369m)山頂到着。



お世話になった「相棒」と記念撮影。


山頂からの展望は最高です。



霞んでなければ日本海見えるのかなぁ?


昨年登った日本百名山の巻機山・・・



山頂はちょっとガスってるみたい。



さて、マイナーな山好きのイイヤマですが・・・

こんな特徴のない山に登るって・・・

イイヤマらしくない・・・?


確かに山頂までの登山道は岩場もなく危険はない。


ただ・・・


お楽しみはここからです!!




実は山頂・・・岩だらけ!!




誰もいない岩場で探検開始・・・



やっぱ岩っていいよね~!!


こんな隙間が・・・



イイヤマはギリギリ通れました・・・ただ

向こうは絶壁で戻るしかなかった。



紅葉の季節も良さそうな金城山でした。



こんな猛暑の日・・・

北アルプスとか行けば涼しいんだろうな~

とは思うけどね・・・

メジャーな山は人・人・人・・・だからね。




一人でのんびりできる山って・・・

自分にとってとても貴重な山です。


こんな低山だけど・・・

吹く風は気持よかった!!





もっと1人でゆっくりしたかったけど・・・

自分とは別ルートから登ってきた登山者2人。



本日会った登山者はこの2名のみでした。


10:00 同ルートで下山開始。

12:25 無事下山となりました。




「金城山」って・・・

麓から見ると「金」の字に見えるから・・・

その名が付いたそうで・・・



下山後に別の角度から撮った写真を・・・

帰ってきて見てたら・・・



「なるほど~!!」って思ったのでした。




 

プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR