FC2ブログ
   
02
1
3
4
5
6
8
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
   

1年…

昨年2月25日に「悪性リンパ腫」と診断されてから1年が経ちました。


あの時「5年後の生存率…9割」って言われたんだよね…。


まぁ、自分は5年や10年でくたばるつもりはありませんがね!!


日々支えてくれる家族…

励ましてくれる友達…

感謝です!!


おっと忘れちゃいけない…

俺を楽しませてくれる山にも感謝です!!





スポンサーサイト

好きな山・・・

 「好きな山はどこですか?」って聞かれたら・・・


自分は「群馬県の鹿岳(かなたけ)」って答えます。





山の形も好きだし・・・


スリルもあるし・・・


登山者がわりと少ないのもいい・・・。



すでに4回登ってますが飽きません。





お気に入りの場所でのんびり山でも眺めながら・・・


コーヒーでも飲んでる時が「至福の時」です。




(この場所、意外と人が来ないので好きです・・・足元は絶壁ですが)






で、最近気が付きました・・・




「自分と鹿岳は相性がいいんじゃないか」・・・ってことに!!





なぜかって・・・?









だって・・・









鹿岳・・・ですからね









不思議体験(2)

 
 『虫の知らせ』



私の父が10年前に亡くなった日の出来事です。




父は末期ガンで入院してました。


入院して7週間目のある日・・・


その日、私は病院に行く予定もなく・・・


夜勤で仕事してました。



深夜2時、突然腕時計のベルトが切れた。


だいぶ古くなっていたから当然かもしれないけど・・・


昔から「下駄の鼻緒が切れると不吉」って言うし・・・


「まあ、映画やドラマなら病院から電話あるね」


などと同僚と話してたけど・・・


結局、朝になっても病院からの連絡はなかった。




仕事も終わり家に帰ると、その日病院に行っている姉から電話が・・・


「先生が今後の治療方針について話があるから午後2時に来てください」とのこと。




1時30分頃、私が病院に着いたとき父は眠っていた。


父の傍らで姉と話をしていると・・・


突然苦しみだす父・・・


先生が駆けつけ心臓マッサージ等してくれたが・・・


残念ながら父は帰らぬ人となった。



先生は腕時計を見ながら・・・


「2時ちょうど・・・お気の毒ですがご臨終です」


「こんな急に亡くなるとは思ってなかった」と先生。






腕時計のベルトが切れたのも偶然・・・?


話があるって先生が呼んでくれたのも偶然・・・?


「偶然」でも「虫の知らせ」でも何でもいいけど・・・


父の最期を看取れたことは・・・


息子としてすごく幸せなことでした。








不思議体験(1)

 
 『幽体離脱』


これは、ちょうど1年目の2月7日の出来事である。


左脚の付け根からリンパ節の摘出手術を受けるため病院へ・・・


風邪っぽかったので外科の診察室にて体温を測る・・・38.2度


看護師さんから・・・


「ちょっとベッドで横になっててください」・・・って言われ


3つあるベッドのうちの一つに寝て目を閉じた・・・


すると「ん・・・?」


自分の顔の上1m位から・・・


自分の下半身を見下ろす自分・・・


「なんだこれ?オレ寝てるはずなんだけど・・・」


「これって、もしかして幽体離脱・・・?」


(下手な絵ですみません・・・でもこんな感じ)



「あ~オレ今、幽体離脱してる!!」


「夢?いや違う・・・」


カーテンの向こうから先生達の会話も聞こえてる。


とても不思議な感覚だけど・・・


妙に感動してる自分がいた・・・。


ほんの1~2分の出来事だったのかな?


すごく長かったような短かったような・・・。





結局、インフルエンザで手術は一週間延期となりました。






自分は霊感も強くないし・・・


幽霊やUFOだって見たことが無い。



熱のせい?・・・それとも


病院のベッドだったから???



まあ、とにかく・・・


その時の記憶は・・・


1年経った今でも鮮明に覚えています!!




百の頂に・・・

 「百の頂に 百の喜びあり」


「日本百名山」の著者、深田久弥(ふかだ きゅうや)の言葉だ。


深田久弥は1971年(昭和46年)茅ヶ岳で脳卒中のため亡くなっている。


享年68歳だった。


そして「日本百名山」が出版されて今年で50年・・・


登山を愛する人達にとって「百名山」の影響力は多大だ。






2月1日(土) 


深田久弥が亡くなった茅ヶ岳(かやがたけ)に登ってきた。




6:50 深田公園駐車場出発・・・



女岩を通るコースを進む・・・



所どころ雪が凍っているが慎重に歩けば問題なし。


50分弱で女岩に着くが・・・



現在立ち入り禁止・・・



ロープくぐって見に行こうかとも思ったが・・・ガマンガマン。



そして山頂まであと10数分ってところに・・・



「深田久弥先生終焉の地」と表記された石碑・・・

しっかりと手を合わせてきました。



8:32 茅ヶ岳山頂(1704m)に着く・・・



ちょっと広い山頂からは360度の展望が広がる・・・が



なんか霞んでて・・・



せっかく山梨県まで来たのに富士山が全く見えない・・・。


下山は尾根道経由で・・・



30分ほど雑木林をジグザグに下りると・・・



急に開けた防火帯に出る・・・舗装路まで防火帯は続く。


下山は1時間ほどで・・・



深田記念公園に立ち寄る・・・



「百の頂に 百の喜びあり」・・・の石碑


振り返ると・・・



茅ヶ岳の山頂が見えた。

ちなみに茅ヶ岳は・・・百名山ではない。



公園の先に気になる道標が・・・



「まんじゅう峠」???

その下の文字が消えてる看板も気になるなぁ~

「○○○○は○○します」・・・ってなんだろう?



たぶん・・・


「饅頭意外 は 没収 します」・・・か?


それとも・・・


「こしあん は 遠慮 します」・・・かな?



まぁ今度機会があれば饅頭持参で散策に行こう。




10:05 駐車場に無事到着です。





「山が好きだから山で死ねれば本望」・・・?



いやいや・・・



山は決して死ぬ場所ではありません!!





私は生きるために・・・


これからも大好きな山に登り続けたいと思うのでした。





プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR