FC2ブログ
   
07
2
3
7
9
10
11
12
13
14
16
17
19
20
22
23
25
26
29
30
31
   

甲武信ヶ岳・・・

 7月28日(日) 甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に登ってきた。


3時に家を出発・・・

毛木平(もうきだいら)の駐車場には10数台の車・・・

シャクナゲの咲く6月の混雑期とはまるで違う。



用意をし歩き始めたのは5:00・・・



まずは千曲川の源流を目指す。


この時期、花はほとんど咲いてない・・・。





マタタビ・・・





キノコ・・・





コケ・・・





蛾・・・かな?





白いご飯にかけて食べると美味しい・・・



それは・・・なめ茸


牛タン・・・と



サンチュ・・・



ここは焼肉や・・・じゃない!!



何度も沢を渡り・・・





また・・・コケ





かわいい花・・・





そしてまた・・・コケ






そして7:30 千曲川・信濃川の水源地に着いた。



左側に少し下りると・・・



キレイな水がこんこんと湧き出ている。

冷たくて美味しい!!



さらに40分登って・・・



甲武信ヶ岳山頂(2475m)でやまちゃん!!

やまちゃんTシャツ 百名山プロジェクト・・・

先週の苗場山に続いて2座目ゲットだぜ!!



世界遺産もバッチリ!!



今日も富士山は混んでるだろうな~

それに比べ甲武信ヶ岳は・・・ガラガラ!!

いっその事・・・

日本百名山まとめて世界遺産登録ってのはどうだ!!

却下・・・だよね・・・ハイ。




山頂から反対側に少し下りると甲武信小屋がある。




小屋の前は階段状のテント場になっている。



いつかここでテント泊もしてみたい。



ちょうどヘリで荷揚げの真っ最中・・・

スタッフの皆さん忙しそうです。



ヘリが来るたび風が凄い!!


ヘリが来る合間に・・・お湯沸かし



水源で汲んできた水でコーヒータイム・・・

たとえインスタントだって美味しい水でいれれば・・・

ウマーイ!!・・・気がする。



ところで一昨日26日(金)19:30からのNHK見たかな?

「夏山へGO!!」って番組だけど・・・



風間トオル・・・甲武信ヶ岳登ってたね・・・。




番組見た人しか分からないけど・・・

「握手くん」って出てきたよね・・・

自分も注意しながら登ってたんだけど・・・

結局見つからず・・・

どこかでスルーしてしまったのかな?




まぁ、番組見てない人は知らないから・・・

適当な枝でいいか・・・




Nice to meet you!!

「握手くん」っていうより・・・

「お手してる犬」だね。


今度登るときは「握手くん」絶対見つけなくちゃ!!





甲武信小屋を9:10出発・・・

十文字峠を周って下山します。


9:45 三宝山にて・・・



展望なし。



尻岩・・・どれが???



右の岩も尻に見えるし・・・

左の岩も動物の尻みたいだし・・・


あれも、それも・・・



全部お尻に見えちゃうよ~!!


ハクサンシャクナゲ・・・



標高の高いところはまだ咲いてました。


ハシゴや・・・



クサリ場も少しある。



徐々にガスってきて・・・



11:20頃から雨がポツポツと・・・



十文字小屋 11:45着



シャクナゲの咲く6月は登山客で溢れるが・・・

この時は誰もいなかった。


土砂降りになる前に下山したいので・・・

トイレだけ借り下山。



途中・・・



ニホンジカ・・・メス1頭と遭遇。




もう少しで駐車場ってところで雨は本降りに・・・


カッパ着るより走ったほうが速いと思い・・・


最後の5分は久しぶりのトレラン!!




13:00 毛木平駐車場に戻ってきた。

ちょっと濡れてしまったけどギリギリセーフかな?


トータル8時間・・・

予定より早く戻ってこれたが・・・

かなり内容の濃い楽しい登山でした。




来週も百名山登る予定ですが・・・

意外な山へ行きます。

お楽しみに!!








スポンサーサイト

前へ・・・

 今朝の信濃毎日新聞・・・



富士登山競争で松本大さんが優勝!!

大さん・・・おめでとう!!









昨日は病院で検査でした。


血小板の値は12.7万と安定した状態を保っていました。


主治医からも「悪化の傾向はみられない」・・・とのこと。




ただ、急な発熱やリンパ節の痛みが出た場合は・・・


すぐ連絡するように言われてますが・・・


まぁ、しばらくは大丈夫でしょう!!








気付けば病気を理由に・・・


いろんなことから逃げてる自分がいた。




でも最近は精神的にも落ち着いてきたのかな?


だんだん前向きな考え方に変わってきてるような・・・


いつまでも悲観しててもしょうがないしね。






ということで・・・


とりあえずランニングを再開しようかな・・・と





まぁ、ボチボチ・・・だけどね






取り消し・・・

 少し前のことですが・・・




3月11日に骨髄穿刺(せんし)・・・

通称マルクと呼ばれる検査しました。

骨髄液を抜き取り、がん細胞があるかどうかの検査です。

(結果は骨髄の中にもがん細胞あり)



やる前は正直怖かった・・・

かなり痛いと思っていたからね・・・。



ところが・・・

麻酔するから痛みなんてほとんどないし・・・

あっという間に終わっちゃったし、全然平気でした。




でも、どうせ骨髄液を抜くなら・・・




白血病患者のために抜きたかったな~





まぁ、今となっては他人のことより自分の心配しなきゃね・・・











 6年前、骨髄バンクにドナー登録したのに・・・

結局、誰の役にもたたないまま・・・

もう骨髄を提供できない体になってしまいました。




誰かの役にたちたかった・・・

誰かの命を救いたかった・・・



本当に本当に悔しいです!!







ということで本日・・・


骨髄バンクのドナー登録を・・・


取り消しました・・・












白血病・・・そして


悪性リンパ腫なんて怖くない。


そういえる日がくることを、信じてる。





苗場山

 7月20日(土) 

さっちゃん・TO子さんと苗場山に登ってきた。

上田を4時に出て秋山郷の三合目登山口に7時着・・・

意外に早く着いた。

駐車場は広くトイレもある。



7時17分 登山開始・・・



登山道には・・・



こんな根っこのトンネルもあり。


他の登山客も多かった。



最初は快適だった登山道も・・・

湿気が多くなりムシムシしてきた・・・

いや・・・正確には・・・

虫々する!!

アブ?蚊?ブヨ?ハエ?・・・とにかく凄い!!

さっちゃんも目の上刺された。

虫除けスプレーは必需品です!!



2時間ちょとで天空の別世界に出た。



木道と花・・・でも尾瀬とは違う景色だ。



薄曇りも天気だったが・・・



陽が当たるとジリジリ暑い。





苗場神社・・・



山頂から離れた場所にある。


まだ残雪がこんなにあり・・・




ハート型の池塘・・・




そして苗場山山頂(2145m)・・・で、やまちゃん!!



とくに展望もなく皆さん記念写真撮ると立ち去る。


昼食は皆さん集まっていたこの場所にて・・・



食事しながら・・・

「あのオバサン○○だよね~」って・・・

さっちゃんとTO子さんの人間ウォッチングには笑えた。


山頂で一緒になった秋田からの御一行様・・・



シャッター押してもらいました。

秋田でも「やまちゃん」流行するかも・・・?


山小屋でトイレを借り下山・・・



やっぱり花はキレイでカワイイ・・・。





田んぼ・・・じゃないよ・・・



池塘に苗が植えてあるように見えるのが苗場山の名前の由来らしい。







おっと忘れちゃいけない・・・



ギンリュウソウの銀ちゃん・・・

苗場山にもいました・・・


ちょっと変わった銀ちゃん・・・





根っこトンネルを通り・・・



15時、無事下山・・・。


下山後は小赤沢温泉、楽養館にて汗を流す・・・


鉄分豊富なお湯の色はキャラメル色・・・

気持ちのいい温泉でした。



帰り道、鳥正で・・・



ボリューム満点のから揚げ定食でお腹を満たし・・・

家に帰ってきたのは20時30分頃でした。




いや~山も温泉もお腹も・・・満足満足!!






似てる・・・?

 ギンリュウソウ(銀竜草)・・・








家でお風呂に入ってたら・・・







なんか似てる気が・・・













どうでもいい話しでした・・・




尾瀬

 7月13日(土)~14日(日)

さっちゃんと尾瀬に行ってきた。



マイカー規制があるため・・・

尾瀬戸倉から朝一番4:40のバスに乗り込む。




鳩待峠に着くと・・・雨。



雨具を着込み出発・・・

尾瀬ヶ原へ向け1時間ほど下っていくと・・・


キターーーーー!!


湿原と木道と花・・・



これぞ尾瀬ーーーって景色だ!!



小雨が降ったり止んだりの天気だが・・・



花の写真を撮ったり景色を楽しみながら・・・

むこうに見える燧ケ岳(ひうちがたけ)の麓を目指す。







池塘に写る・・・



逆さ燧・・・


サンショウウオだと思っていたら・・・



イモリだったみたい。



ニッコウキスゲの群落は・・・



見ごたえがあります。


花だけでなく・・・



モウセンゴケもカワイイ。



「現象には必ず理由がある・・・。」



「実に面白い・・・。」







霧があると・・・



いい写真撮れそうな景色・・・。


花の写真って・・・



なかなか難しい・・・。


ゴーヤじゃないよ・・・



ミズバショウです。



やっと今夜の宿泊場所が見えてきた・・・



と言ってもテント泊だけどね。



まだ時間も早かったので、いい場所を確保できた。

今年初のテント泊です。



荷物を軽くし、尾瀬沼を目指す・・・



ナメクジ・・・でかっ!!



最近見なくなったカタツムリ・・・。


午後見ても・・・



ゴゼンタチバナ・・・。


おーーー銀ちゃん(銀竜草)!!










尾瀬沼・・・



一周します。


また銀ちゃーん!!



別名・・・ユウレイソウ・・・でもカワイイ。



またまた銀ちゃん・・・



もぉーいい!!

(今年は銀竜草の当たり年っていってる人がいた)





沢山の花々に飽きることがない・・・







尾瀬沼から戻ると・・・



色とりどりのテントの花が・・・

この後も次々にテントが張られていった。


明日の天気を気にしつつ早々と就寝・・・

夜は静かだったし、寝不足気味だったので・・・

良く寝れた。




翌日朝4時頃から降り出した雨は・・・

一向に止む気配なし・・・



仕方なく雨の中、テントを撤収・・・。



昨日とは明らかに違う降り方の雨・・・

まっすぐ鳩待峠に向かう・・・。



まぁ、東北は梅雨明けしてないしね・・・。

この川が県境・・・



むこうが福島県、こっちが群馬県・・・


あらら・・・



注意報出てました。



雨のため写真も撮れない・・・。

(さっちゃんのカメラ、濡れたせい?で壊れた)



3連休だということもあって・・・

人・人・人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すごい人の数!!

さすがは尾瀬!!




でも、かなり軽装の観光客も多かったけど大丈夫なのかなぁ?




鳩待峠に着くと、すでに雨は上がっていた。



尾瀬はほとんど木道歩きなので・・・

登山とはちょっと違うかもしれないが・・・

十分楽しめた2日間でした。



さて明日は庭でテント干しだ・・・。






書道ガールズ・・・

 7月7日(日) 

いとこの結婚式のため飯山へ・・・


新郎(いとこ)は58歳・・・

新婦39歳・・・

19歳差でお互い再婚・・・

でも、とっても幸せそうで良かった!!






そのころ娘は・・・




文化祭での「書道パフォーマンス」の真っ最中・・・


1年生なので文字は書かせてもらえず直線を書く・・・
(妻が校舎2階から撮影)




そこに2,3年生が文字を書く・・・




最後は大きな筆で3年生が・・・





娘は応援!!



(この2枚はモモさんが撮ってくれました)




そして・・・完成!!



ん~娘の書いた線が一番達筆だね!!


来年は娘も文字書かせてもらえるかな・・・?




1年生の作品・・・



みんな上手です!!






霧の蓼科山・・・

 7月6日(土)

スズラン峠から蓼科山を目指す・・・

この登山道から登るのは初めてである。



天気予報では下界は真夏日の予想だった・・・

そのうち晴れてくるだろう・・・

なんて思ってたら・・・

大間違いだった。



高度が上がるにつれ・・・

濡れた岩場は滑るし・・・

風は強くなるし・・・

ガスも濃くなる一方だ!!


トゲトゲの葉はここにもあった。




オレンジ色のキノコ・・・





いい言葉だけど・・・



オジさんには休憩もとらせてください!!



樹林帯を抜け山頂が近くなってくると・・・



まともに立っていられないほどの強風が下から吹き上げてくる・・・


ちょうど2時間で山頂に辿り着いたが・・・



ガスで真っ白!!


蓼科山山頂(2530m)・・・



晴れていれば360度の大展望なんだけど・・・

こんな状態じゃのんびり休憩もできないので即下山開始・・・



来た道を戻るのもつまらないので・・・

将軍平側へ・・・



濡れた岩場に皆さん苦戦してました。



蓼科山荘の前で立ったまま昼食をとり・・・



天祥寺原へ・・・


パラボラアンテナじゃないよ・・・



蓼科山はあまり花がなかった・・・


天祥寺原から竜源橋をまわり・・・



最後は舗装路を歩いてスズラン峠まで戻ってきた・・・

トータル5時間・・・

ん~なんか不完全燃焼・・・

まぁ、こんな日もあるか・・・




募集中・・・

 第2回浅間スカイマラソンの募集が始まっています。


 鹿沢温泉アルパインクラブ-浅間スカイマラソン

~スカイランニングの世界へ~

現在、世界的に愛好者や競技会が増加しているトレイルランニング。その中でも、世界のトップアスリートが目指しているものが、山岳を駆け抜ける“スカイランニング”というカテゴリーです。浅間スカイマラソンは標高2000mを超える本格的な山岳コースを駆け抜けるマラソン大会です。コースとなる東篭ノ登山と水ノ塔山は、浅間・烏帽子火山群のひとつ。荒々しい噴火を繰り返し、山体崩壊により切り立つ崖となった稜線からは、富士山や八ヶ岳連峰を見渡すことができます。子どもからお年寄りまでが楽しめる手軽なスカイランニングのレースを作りたい。そうした思いから生まれたのが、浅間スカイマラソンなのです。

大会概要

主 催  鹿沢温泉アルパインクラブ 浅間・高峰観光協議会
共 催  アサマ2000パーク
後 援  小諸市 東御市 嬬恋村 小諸市教育委員会 小諸市体育協会 小諸市観光協会 
東御市観光協会 嬬恋村観光協会 NPO法人浅間山麓国際自然学校
開催日  2013年10月5日(土)
開催場所 長野県小諸市高峰高原 アサマ2000パークスキー場
開催種目 ①10kmの部(定員300名)※中学生以上を対象とする部門
     ②ジュニアの部(定員100名)※小・中学生を対象とする部門
マップ
鹿沢温泉アルパインクラブ-浅間スカイマラソンマップ


制限時間 ①10kmの部   3時間
     ②ジュニアの部   2時間30分
表 彰  ①10kmの部 男女1~5位
     ②ジュニアの部 小学生男女1~5位/中学生男女1~5位
公式HP 「浅間スカイマラソン」と検索してください。
http://www.alpine-kazawa.com/

エントリー

募集期間 2013年7月1日(月)~8月31日(土)
     ※定員になり次第締めきりとなります。
申込方法 「スポーツエントリー」によるオンライン受付のみ
     http://www.sportsentry.ne.jp/
参加費  小学生 1000円
     中高生 2000円
     一般  4000円
     ※ランチ料金が含まれます。

スケジュール

10月5日(土)
【浅間スカイマラソン】
10:00 受付開始
11:30 受付終了
12:00 10kmの部スタート
12:30 ジュニアの部スタート
13:30~ランチ(特製カレーライス・嬬恋高原キャベツのサラダ・ドリンク)
15:00 ゴール制限時間
15:00~表彰式
16:00 閉会

宿 泊
アサマ2000パーク高峰マウンテンロッジ または 高峰高原ホテル
※宿泊予約は、各施設へ直接お申し込みください。予約では必ず大会参加の旨をお伝えください。
【高峰マウンテンロッジ】
TEL:0267-23-1712
http://www.asama2000.com/hotel/
【高峰高原ホテル】
TEL:0267-25-3000
http://www.takamine-kougen.co.jp/

お問い合わせ
NPO法人浅間山麓国際自然学校 大会事務局
TEL.0267-23-3124/FAX.0267-23-3521
E-MAIL:npo-asama@mopera.net

注意事項
【競技内容と諸注意】
①大会コースは、本格的な登山道であり、足場が悪く傾斜のきつい坂道となります。十分なトレーニングと準備をして参加してください。
②10kmの部は途中に1ヶ所の関門に制限時間を設けます。これを超えた選手はレースを中止し、役員の指示に従い下山してください。
③10kmの部のみエイドステーションを1ヶ所設けます。
④選手はジャケット(上着)を持ってスタートしてください。水分と行動食、雨具を持参してください。
⑤コースの途中には矢印表示や誘導テープを設置します。
⑥下記の事項を守らない選手は失格とします。
 ・ゴミをコース上に放棄した者
 ・参加条件を偽って参加した者
 ・競技規則に違反、または審判および役員の指示に従わなかった者
 ・規定の時間内に関門を通過できなかった者、また、最終制限時間を超えた者
 ・ナンバーカードを着用しなかった者
 ・自然環境保護に違反する行為があった者
 ・不正行為があった者
⑦参加者は競技中に体調不良、その他の理由により競技を棄権する場合は、必ずコース上の役員に申し出てください。
【その他の注意事項】
⑧スタート前に参加受付を必ず行なってください。
⑨大会スタッフや交通整理をする関係者の指示に従って行動してください。
⑩大会中の事故については、応急処置を行ないます。また、主催者でスポーツ傷害保険に加入しますが、その保険の適用範囲以外の責任は負いかねます。参加者は、救急時のため健康保険証を必ず持参してください。
⑪競技以外の荷物については、係員の指示に従って所定の場所に置いてください。ただし、貴重品は各自で管理してください。なお、大会中の盗難や紛失などは各自の責任となります。
⑫参加申し込み後に参加取り消しや参加費の過剰入金、重複入金などでの返金はできません。参加費に不足がある場合は参加受付となりません。
⑬地震、風水害などの自然災害、事件や事故など大会運営に危険が予想される場合など、主催者の判断により大会を中止する場合があります。また、この場合は参加費の返金はできません。
⑭大会の様子を伝えるために映像、写真、記事、記録などをテレビ、新聞、雑誌、インターネットなどの媒体に掲載する場合があります。
⑮個人情報の取り扱いでは、関連法令に従い管理し、大会参加者の募集やサービス向上を目的とし、大会の案内や通知、記録発表などに利用いたします。



今年は晴れるといいなぁ~




書道ガール?

 自分は字が汚いので・・・

キレイな字を書く人を尊敬しちゃいます。





高校生になった次女が部活に選んだのは・・・


「書道」・・・でした。


まぁ、身長が150cmに満たない娘が・・・


中学までやってたバスケを続けるとは思わなかったが・・・


まさか「書道」とはね・・・。






それでも小学校の頃、週に1回習っていたので・・・


一応・・・「三段」持ってます!!





もうすぐ文化祭なので、今は展示する作品の制作中らしいです。


(これは失敗作です)




文化祭では書道ガールによるパフォーマンスがあるらしいが・・・


自分は親戚の結婚式で見に行けないんだよね~残念!!


まぁ、1年生はチョイ役らしいけどね・・・。




プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR