FC2ブログ
   
09
1
4
7
9
12
13
14
16
17
21
22
23
26
28
29
30
   

スウィーパー

 第3回菅平スカイライントレイルランレースが昨日開催された。

私は昨年に引き続きスイーパー・・・

じゃなくて、今年はスウィーパーとして最後尾を任されました。



昨年は自分で手作りゼッケンだったのですが・・・

今回はノノヤマさん、ちゃんとゼッケン作ってくれました。

そして今年はスウィーパー2人体制・・・

とりあえず私が1人で最後尾からスタートし・・・

T澤さんは第1関門からのスウィーパーになった。




朝6:30 開会式・・・気温は4度くらいに冷え込んだ。



上田市の母袋(もたい)市長の挨拶。


そして7:00 40kmの部がスタート。



天気は快晴・・・みんな走り出すが速すぎ~!


日の出ゲレンデに入ると当然歩きになるが・・・



早くも1人の男性ランナーが遅れ始める(写真右)からだ重そう!

昨年は1人の女性がダントツ遅かったが、今年はこの人か~・・・

と思ったが、太郎山を下ってアンダーパスを過ぎたあたりで最後尾が入れ替わってからは1度も会う事はなかった。



太郎山から見た大松山とつばくろ山・・・

今年はコース変更が数ヶ所あり、太郎山の急坂直登もなくなっていた。

ランナーにとっては序盤のダメージがかなり減ったはずだ。



アンダーパスで60代の男性がトイレに・・・最後尾が入れ替わった。

おじちゃんトイレ長い・・・

ダボスの丘を過ぎスキー場のゲレンデを上って下りて・・・

60代とは思えない、しっかりした走りだ。



燃えるおと~この~赤いトラクタァー・・・by小林旭



スキー場のゲレンデでは冬に向けての整備が行われていた。


菅平牧場で、おじちゃんまたトイレ・・・長い

待ってる間、ふと看板を見ると・・・



日付が間違ってる・・・今日は26日だー!!

ん?第1回大会のをそのまま使ったみたいだね・・・手抜き!


おじちゃんトイレから戻ってきたが・・・

2回のトイレで10分はロスしてる感じだ。


再び走り始めると、早くもトップ選手とすれ違った。



今回の優勝の東選手・・・たぶん。

後で聞いたが今年もコースミス?大会側の不備?があったみたいだ。



その後順調に走っていると、今度は女性が座り込んでいた。

どうやら足を攣ったらしい。

まだ四阿山の手前だが、絶対に根子岳に登りたいと言う。

ストレッチをし、歩き、またストレッチ・・・この繰り返しだ。

何とか四阿山の下山道まで来たが、ちょっと厳しいようだ。

座り込んだまま立てない。

「くやしいですが、リタイアします」・・・と

私も残念だが、ノノヤマさんに電話をする・・・が

ノノヤマさん出ない!

どうしようか考えていると・・・

「あれ?なんか回復してきたみたい・・・やっぱり行きます!」と

結果的に電話に出なくて良かったみたいだ!



この女性、前日に64歳の誕生日だったらしいが・・・若い。

歩きも走りも結構速いのだ。

足さえ攣らなければ余裕の完走だったに違いない。



何度も立ち止まりストレッチ・・・

「ごめんなさい。もう少し付き合ってね」と何度も言われた。

待っているスタッフにも・・・

「すいません。お待たせしちゃって・・・」と頭を下げていた。

それでも小根子岳山頂手前でトイレおじさんを抜かし最後尾脱出。

「またトイレおじさんか・・・」と思いつつ小根子へ・・・

すると「お疲れ様ー」と叫ぶ声が・・・

ん?弐号さん???まさかね・・・

信越五岳110kmのダメージあるのに根子岳登ってくるはずないよなー・・・

と思ったらやっぱり弐号さんだった。

コーラご馳走さまでした。



足攣りおばさんは回復したのか、あっという間に見えなくなり・・・

最後尾はトイレおじさんと・・・

小根子山頂に座り込んでいた男性(まだ若い)になった。

ほとんど歩きで、たまに軽く走ったり・・・

まぁ順調?に下っていった。

もう第1関門は間に合いそうもないのは分かっていたが・・・


菅平牧場まで下りてきた時だ・・・

登山道に座り込んでいる女性が・・・足攣りおばさんだった。

順調に走って下りてきたが、また攣ってしまったらしい。

ここで救いの神が現れた。

根子岳登山をし下山してきた2人のおばちゃんだ!

上りでもすれ違って挨拶していた2人だった。

「大丈夫?薬とか色々持ってるから・・・」

「シップ?痛み止め?・・・」

シップで冷やしたら逆効果だし、痛み止めも???だ。

「あっ!こんな物あるけど・・・」

差し出されたのは靴の中に入れる使い捨てカイロだ。

ナイスだぜ!おばちゃん!!

すぐに足にあて、私の持っていたテーピングで固定した。

効果抜群・・・筋肉がほぐれてきた。



再び走り始め快調に飛ばす。

今まで攣っていたのがウソのようだ。

「来年は最初からタイツに下にカイロ入れて走ろうかな?」

なんて本気か冗談か分からないが・・・

しかし64歳とは思えない走り・・・マジ付いて行くのがやっと!

関門は既に閉鎖されている時間だが全力疾走だ。

「来年は絶対リベンジします。ありがとうございました。」と・・・

スウィーパーやって良かったと思えた瞬間でした。



関門に到着したのは閉鎖後37分くらいだった。

ここからはT澤さんがスウィーパーやってくれているので・・・

自分の仕事は終わりでも良かったのだが・・・

スタッフの方に「第2関門まで車で送ってほしい」と頼むと・・・

快く了解してもらえ、ノノヤマさんにも電話しOKをもらった。



第2関門まで送ってもらい、しばし休憩・・・

北沢ぶどう園のブドウを食べまくった。

関門時間前にT澤さんも到着した・・・ということは

第1~第2関門の間でのリタイア者はゼロだったということだ。



第2関門からは千葉から参加のご夫婦と埼玉から参加の女性の3人が最後尾に・・・

おしゃべりしながら上りは歩き、下りは走る。

大松山の上りで埼玉の女性ランナーが遅れはじめた。

去年は、第2関門を通過した最終ランナーは無事完走を果たしている。

今年の最終ランナーも絶対時間内にゴールさせてあげたかった。

歩き続けては微妙な時間になってきたが・・・

残り30分、まだ走る力が残っているようだ。

「これなら絶対に完走できる」と確信した・・・その時

前方に足を引きずりながら下る男性ランナー発見・・・

女性はT澤さんに任せ、男性ランナーに付く。

左足のヒザを曲げると痛いらしくロボット状態だ。

ここまで来て走れないと時間的に厳しい。

しかし、下りが終わり平坦になるとゆっくりだが走れるみたいだ。

また女性ランナーに追い付き、最後の舗装路は4人で歩く。

もう間に合うのは確実になってきた。

「今日、一番長い時間楽しんだのはこの2人だね」

「4人で手を繋いでゴールする?」

などと話していたが・・・

ゴール手前で男性の仲間が迎えに来た途端・・・

男性ランナーは走って視界から消えていった。

残るは埼玉の女性ランナー1人・・・

もうボロボロ・・・と思いきや

グラウンドの芝生に入った途端ダッシュ・・・

「100m走か?」と思わせるくらいのスピードだ。

「そんな力残ってるならもっと走れただろ~!」

などと思ったが・・・

最終ランナーを無事、時間内にゴールまで連れてこれて良かった。

とりあえず今回も「スウィーパー」としての責任は果たせたかな?

ゴールにはトレマンチーム仲間もたくさん待っていてくれて感謝だ。




レースでは速いランナーばかりが目立つが・・・

最後尾には遅いランナーなりのドラマがある。

今回は「足攣りおばさん」が1番印象に残った。

来年は・・・誰かスウィーパーやりませんかねぇ?

最後尾のドラマ・・・結構楽しいよ!!

いなければ当然、私がやっちゃいますけど
スポンサーサイト

強風

 「菅平スカイライントレイルランレース」のボランティアをしてきた。

明日が大会当日なので、朝から最終コース整備・・・

草刈り機で刈った笹がコースを覆ってしまうので・・・

その笹を熊手でキレイに片付ける作業だった。

たぶん明日は腕が筋肉痛かな?

それにしても今日は台風の影響か、風が強かった。

動いてるわりに、汗をかくどころか寒いくらいだった。



午後は選手受付のお手伝いをしていたが・・・

ここでも強風の影響が・・・

受付場所の菅平リゾートセンター駐車場に止めてあった・・・

八王子ナンバーの車のフロントガラスに・・・



スピーカーが直撃・・・あ~~~あ!!!

運が悪いと言えばそれまでだが・・・

車を止める時は周囲に気をつけましょう



明日はスイーパーではなくスウィーパーです。

がんばりまーす

山賊?

パワースポーツのHPに・・・

 「おんたけスカイレース」の開催レポートが載っていた。

その中に我々が写っている写真があったので勝手に拝借した。

「美女と野獣・私設エイド」の写真だ。

緑色のウェアーの女性ランナーを取り囲む我々4人・・・



だが、私設エイドとは偽りの姿・・・

この時の本当の会話はこれだ!!



「よう、ねえちゃん!金めの物置いてけ!!」

「かっ、金めの物なんてありません!」

「素直に出さねえと、そこに座ってるジジイみたいにボコボコになるぞ!!」

「はっ、はい!こっ、こんな物しかありませんけど・・・」

「なんだ、あるじゃないか!こっちによこせ!!」



山賊はやめられまへんなぁ~

オンタデ

 朝起きると雨だった。

連休最終日・・・浅間山へ行く予定だったが、テンション

雨は上がったが決して良い天気とは言えない。

結局10時頃まで悩んでいたが・・・

妻の「行ってきたら!」の言葉に後押しされ、家を出た。



途中、食料を買ったりして・・・



浅間山荘を出発したのは11時15分頃になってしまった。

黒斑山まで周るのは無理なので前掛山までのピストンにした。



途中の不動滝・・・



まぁ、たいした滝ではないけど・・・


火山館に着く頃には正午をまわっていたので・・・



早くもお昼タイム・・・

おにぎり2個をいただく



樹林帯を抜けると、浅間山がドーンと目の前に現れる。



今日は時々青空も見えたが、ほとんど曇りだった



浅間山の斜面には・・・



オンタデが広く自生している。

中腹ではまだ葉は緑色だが・・・

山頂に近づくにつれ、オレンジ色に変わってくる。



なかなか写真では、このキレイさを伝えられないのが残念だ



前掛山の斜面もオレンジ色でとてもキレイだ。

まだ若干、緑色の葉が残っているので、来週が一番の見ごろかも?





浅間山の火口からは、かすかに噴煙が見える程度だ。

それにしても風が冷たく寒い。

体が冷え切る前に下山を開始。

賽ノ河原でおやつタイム・・・



仙人岳をバックにカップラーメンを食す・・・最高

日清食品からCMのオファーが来そうな写真だ。







もし、日清食品からオファーが来なかった場合用に・・・

こんなバージョンも撮っておいた。








「違いが分かる男」ネスカフェゴールドブレンド・・・バージョン!


ダメですかねぇ・・・?





カモシカも、呆れた顔で見てました

菅平後半

 菅平スカイライントレイルランレースの・・・

40kmコースの後半を走ってきた。



菅平リゾートセンターに車を止め、日の出ゲレンデから登る。

やまなみハイキングコースを周り、つばくろ山へ・・・

今日は、私の前に誰も歩いたり走ったりした人がいないらしく・・・

体中、くもの巣だらけになった。



大松山の山頂から見る根子岳と四阿山・・・



私の大好きな場所のひとつだ。


大松山から下るゲレンデは・・・

昨年イノシシに目の前を横切られた場所だ。

しかも、そのコースが大変な事になっている。



イノシシどもに掘り返され、こんな状態だ。

選手のみなさん・・・

決して難コースにしようと大会側が仕組んだ罠ではありませんので。



変な場所が草刈りされているのに気が付いた。



どうやら一部分コース変更になるらしい。

と言っても100mくらいかな?

今まで入口が分かりずらかったコースも、これなら分かりやすい。


まだ草刈りが残っているが・・・



今週、急ピッチでやってもらえるだろう。
(私は仕事で草刈りボランティアでれませんが)



レースまで1週間・・・

今年も無事に大会が終わってくれる事を祈ります。

根子岳&打ち合わせ

 9月26日(日)に行われる・・・

菅平スカイライントレイルランレースのスイーパーを今年も引き受けた。

今回は上越のT澤さんと2人なので心強い。

1週間後のレースに備え・・・?根子岳に行ってきた。



ダボスの丘から見る四阿山(右)と根子岳





菅平牧場の脇を通り根子岳に向かう。




山はすっかり秋らしくなってきた。





今はリンドウが見ごろだ。




1時間45分で山頂に到着。

左側の集団は早稲田大学スキー部の連中・・・

途中、あっさり抜かれたが、根性で引き離されず付いてきた。


その後、小根子岳でおにぎりを食べ・・・



小根子岳北肩経由で下ってきた。

最近は、ゆっくり登山ばかりなので走れるか心配だったが・・・

下りは予想以上に走れたと思う。



明日は、レースの後半部分の・・・



つばくろ山・大松山を周ろうと思う。




一旦家に戻り、長野市へ向かう。

18時から信州トレイルマウンテンにて・・・

「ロ・マン24inまつだい」の打ち合わせを行うために。

5人が集まり1時間ほど話し合った。

話がまとまったのか良く分からないが・・・

飲み会に突入。

詳細?はYUKIさんのブログにて・・・

手抜きですんません

は・あ・と

 先日、1人で山へ行ったとき・・・



「花王」のマークに似た石を見つけた。







これだ!!



  




しかし、家に帰ってよーく見ると・・・





どうしてもこの人の横顔に見えてしまう・・・





            



元気ですかー!


  
元気があれば・・・


        24時間リレーマラソンもできる!!


         1・2・3・・・・ダァー!!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




こんな伝説をしっているかな?




登山中、ハート型の石を3つ見つけると幸せになれる。





 1つ・・・









 2つ・・・







 残念ながら3つ目は見つからなかった・・・




 俺の幸せはまだ遠いのか・・・









 

 って、そんな伝説ねぇーし!!





 幸せは自分の手でつかめー!!





キャッチボール

 中学でバスケをやってた長女は、高校でもバスケ部に入った。

しかし、中学時代に痛めた腰痛が再発し、結局退部・・・

今は、女子ソフトボール部のマネージャーをやっている。

最近では、私の野球やソフトボールの試合についてきて・・・

スコアブックの書き方を勉強している。



そんな娘と今日キャッチボールをした。

部員がギリギリで、もし誰かが怪我をした場合は・・・

娘が選手として出場するらしいのだ。




昔、「もし男の子が生まれたらキャッチボールしたい!」・・・

なんてを持っていたが、結局娘が2人・・・

もう夢は叶わないと思っていた。




しかし今日、その夢が現実となった。

今月16歳になる娘・・・日本の法律では結婚できる年齢だ。

当然?かもしれないが、最近は娘との距離を感じるようになってきていた。

年頃の娘を持つ父親としては、仕方ないことだと思っていた。

それが今日「お父さん、キャッチボールしよー」って・・・

どれだけ嬉しかったことか・・・




いつかはに行ってしまう娘・・・

これからも一緒にキャッチボールする機会が増えるといいな。

まつだい申し込み

 8日(木)から全く立ち上がらなかったパソコンが・・・

本日、奇跡的に立ち上がってます。

やけになって叩いたのが良かったのか?

とりあえず無駄な出費しなくてよさそうだ。





昨日やっと10人のメンバーが集まり申し込みできました。



男性6名、女性4名、30代から60代まで・・・

ほとんどの方がカメさんなので・・・

記録は狙わずワイワイ楽しく24時間タスキ繋げればいいかな


あと3週間しかない・・・少しは走りこみしないと

ヤバイ

パソコン壊れた。

しばらく更新できないかもしれません(泣)

プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR