06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

白砂山・・・花編

6月17日(日)

白砂山登山で出会った花々です。

s-3900.jpg 
更紗満天星(サラサドウダン)


s-3894.jpg
こっちは紅更紗満天星(ベニサラサドウダン)


s-3896.jpg
舞鶴草(マイヅルソウ)


s-3904.jpg
御前橘(ゴゼンタチバナ)


s-3901.jpg
一葉蘭(イチヨウラン)かな?
たぶん初めて見ました。


s-3907.jpg
三葉黄蓮(ミツバオウレン)


s-3909.jpg
岩鏡(イワカガミ)


s-3972.jpg
褄取草(ツマトリソウ)


s-3951.jpg
赤物(アカモノ) 別名は岩黄櫨(イワハゼ)


s-3929.jpg
白山千鳥(ハクサンチドリ)


s-3933.jpg
苗場黄菫(ナエバキスミレ)


s-3961.jpg
落葉松草または唐松草(カラマツソウ)


s-3971.jpg
八間山から野反湖への下山途中に出会った花。

残念ながら名前が分かりません(泣)



色とりどりの花・・・ではなくザックカバー
s-3924.jpg
途中、すれ違った高校生?の団体さん。

元気よく挨拶してくれて気持ちいいね。


s-3920.jpg

思っていたよりも多くの花に出会え

満足のいく登山でした。






スポンサーサイト

白砂山・・・登山編

6月17日(日)一応「父の日」

4:15家を出発。

群馬県六合村(くにむら)の野反湖(のぞりこ)へ。

6:15 野反湖畔の駐車場を出発。

堂岩山(どういわやま)
 ↓
白砂山(しらすなやま)
 ↓
八間山(はちけんざん)

の予定です。

s-3892.jpg

ガスってるし、気温6℃・・・ちょっと寒い。

最初は樹林帯の中を歩く。

前日の雨で笹濡れてるし登山道滑る。

s-3895_201806181046480b2.jpg

水はめっちゃキレイ!

かなり標高を上げ、振り返ると・・・

s-3905.jpg

野反湖は見えず雲海でした。

8:15 堂岩山に着く。

s-3911.jpg

展望はなし。

しかし、少し進むと一気に展望が開けた。

s-3913.jpg

写真中央が目指す白砂山・・・右には雲海が広がる。

この先からは高木がなく、日差しが照り付ける。

スタート時、寒かったので長袖をチョイス。

これが失敗・・・半袖で大丈夫だったな。


気持のいい稜線歩きを楽しみ・・・

最後の急登はきつかったが

9:25 白砂山山頂着。

s-3935.jpg

それほど広くない山頂・・・先客7名様。

360度の大展望・・・来て良かった!!

東側・・・

s-3936.jpg

こっちの稜線も楽しそうだが

「整備されていないため立入禁止」となっていた。


南側・・・

s-3937.jpg

群馬県を雲海が覆ってました。

遥か遠くには富士山見えました。


西側・・・

s-3942.jpg

歩いてきた稜線、その向こうに志賀高原の山々。

その奥には北アルプスも見えていました。


北側・・・

s-3938.jpg

右端に苗場山、中央が佐武流山、その左が鳥甲山かな。


15分ほど休憩し来た道を戻ります。

そのうちにガスが上がってくるだろうと

予想していたが全く上がってくる気配なし。

照り付ける日差しが暑い!!


堂岩山手前の分岐まで戻り左へ。

アップダウンを繰り返し

s-3965.jpg

12:15 八間山に到着。

s-3966.jpg

丁度お昼時ということもあり

30人ほどがランチタイムでした。

振り返ると・・・

s-3967.jpg

白砂山は遥か遠くに(写真中央奥)

写真だけ撮って下山開始。

最後の最後に野反湖を見下ろす場所あり。

s-3977_20180618104748218.jpg

綺麗な湖です。

13:20 駐車場まで無事戻ってきた。

s-3980.jpg 

予想以上に良かったコースでした。

花もたくさん咲いていたので・・・

「花編」はまた後日アップします。





車山周辺

久しぶりに車山周辺をのんびり歩いてきた。

以前はよく来ていた場所だったけど。

たぶん5年ぶり・・・かな?



6月9日(土) 8:30 車山肩駐車場から出発。

s-P1040001.jpg

予想以上に車多かったが

まだ車山へ向かう登山者は少なかった。

s-P1040008.jpg

40分ほどで車山山頂に着く。

s-P1040009.jpg

反対側に下山し、八島ヶ原湿原へ向かう。


眼下に白樺湖、その向こうに蓼科山。

s-P1040014.jpg

車山はリフトで上がってくることができるので

暑い時期、山頂は登山者より観光客が多い。



何回も訪れている車山周辺だが・・・

s-P1040021.jpg

この時期に来るのは初めてで

ツツジがたくさん咲いていて驚いた。



「南の耳」

s-P1040023.jpg


次に「北の耳」

s-P1040026.jpg


そして「ゼブラ山」

s-P1040030.jpg


ゼブラ山付近から振り返ると・・・

s-P1040035.jpg

左が北の耳、右が南の耳。

眼下に「八島ヶ原湿原」・・・

s-P1040033.jpg

写真中央の平らな場所が湿原になっている。


八島ヶ原湿原の周りは木道が整備されていて

s-P1040036.jpg

ぐるりと一周できます。


最後にツツジの群落を見て・・・

s-P1040051.jpg

13:00 車山肩まで戻ってきた。

s-P1040055.jpg

雲は多かったが

日差しはジリジリと暑い一日でした。








三国山~大源太山・・・花編

三国山~大源太山で見かけた花々です。

s-P1020899.jpg
スミレの仲間


s-P1020766.jpg
タチツボスミレ?


s-P1020782.jpg
木段にキノコ?・・・コケの仲間か?


s-P1020805.jpg
アヅマシャクナゲ・・・まだ蕾


s-P1020815.jpg
ショウジョウバカマ


s-P1020883.jpg
ミツバツチグリ・・・めっちゃ咲いてた。


s-P1020888.jpg
ナエバキスミレ


s-P1020819.jpg
ヒメイチゲ


s-P1020875.jpg
イワナシ


s-P1020843.jpg
スミレの仲間


s-P1020845.jpg
マイヅルソウ


s-P1020847.jpg
エンレイソウ


s-P1020872.jpg
シラネアオイ


s-P1020851.jpg
大源太山の山頂に咲くミネザクラ



雪解け直後に咲く可愛い花々に癒されました。






三国山~大源太山・・・登山編

先週、雨のため断念した三国山(みくにさん)大源太山(だいげんたさん)に登ってきた。

ちなみに、2012年に登った大源太山とは別の山です。





3:30 家を出発。

6:00 歩き始める。

s-P1020755.jpg

駐車場には数台の車・・・ただ

全てが登山者ではなく山菜取りの方もいた。

すこし歩くと・・・

s-P1020760.jpg

三国トンネル・・・右側に登山口あり。

すぐに注意看板あり・・・なになに?

s-P1020909.jpg

「遊歩道に○○○が生息しています」って

一番大事な部分が消えちゃってるじゃん!!

よーく見るとうっすらと真ん中に「ヒ」?

たぶん俺の大っ嫌いなやつ・・・

「山ヒル」だ!!

まぁ、この時期はまだ大丈夫だろう。

梅雨時期を迎えると危険と思われる。


6:35 三国峠に着く。

s-P1020772.jpg

現在はトンネルがあるため登山者しか歩かないが

その昔は上杉謙信が関東への足掛かりとして整備し

江戸幕府では佐渡島(佐渡金山)とを結ぶ重要な道でした。

すぐ横には・・・

s-P1020774.jpg

御坂三社神社・・・その後ろに三国山

ここからは階段の連続・・・

s-P1020778.jpg

さっき神社から見えていたのは手前のピークで

s-P1020787.jpg

こっちが本当の三国山でした。よくあるパターン(笑)

左手には・・・

s-P1020791.jpg

苗場スキー場とホテル群、そして残雪の苗場山。

最後に天空に延びる真っ直ぐな階段・・・

s-P1020792.jpg

これを登りきった先に・・・

s-P1020793.jpg

三国山山頂 7:20着。

南側の展望良し。

s-P1020796.jpg

この時は青空も見えていたが・・・

その後は雲の多い一日でした。

次は大源太山に向かいます。

写真奥には残雪の平標山、仙ノ倉山・・・

s-P1020811.jpg

手前中央の雪の見えない山が目指す大源太山。

結構なアップダウンを繰り返します。

s-P1020877.jpg

所どころ登山道にも残雪あり。

アイゼンが必要な雪ではない。

写真左が平標山(たいらっぴょうやま)・・・

s-P1020826.jpg

次の尖った山が三角山、右に大源太山。

8:40 三角山着。

s-P1020835.jpg

大源太山まではもう少し。

s-P1020837.jpg

平標山方面との分岐を右に・・・

そして9:00 大源太山山頂着。

s-P1020848.jpg

山頂独り占め状態。

s-P1020860.jpg

北側には、もう2回登ってる・・・

s-P1020852.jpg

平標山、仙ノ倉山・・・また花の季節に行きたいな。

さらに右手には・・・

s-P1020853.jpg

谷川岳方面へと続く山々。

青空だったらもっと綺麗な景色だったかな?

15分ほど休憩し来た道を戻ります。



登山口まで戻るとトンネル横で工事が進められていた。

s-P1020913.jpg

新しい橋かな?

調べてみたら新三国トンネルが造られるらしい。

現在の三国トンネルは1964年に完成・・・

老朽化が進んでいるらしい。

俺が生まれた年に完成したトンネル・・・

俺も老朽化が進んでるってことだね(笑)



11:50 駐車場まで無事に戻ってきた。



花もたくさん咲いていたので・・・

「花編」はまた後日アップします。









プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR