06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

名胡桃城(なぐるみじょう)

11月3日(金)迦葉山からの帰り道

「名胡桃城址」を見学してきた。

昨年、立ち寄ろうとしたらメッチャ混んでて

まぁ、「真田丸ブーム」だったからね。

今回は10人くらいしかいませんでした。


国道291号線脇に立派な案内所あり。

s-CIMG8574.jpg

すぐ横が城址跡でした。

s-CIMG8572.jpg

日本の歴史を動かした「名胡桃城事件」

s-CIMG8549.jpg

「真田丸」見るまでは知りませんでした。

s-CIMG8552.jpg

北条が名胡桃城を攻略した時の城主は

真田昌幸の家臣「鈴木重則」でした。

「鈴木」・・・縁を感じます。

s-CIMG8570.jpg

いちばん先の展望のいい場所・・・

s-CIMG8558.jpg

ささ郭(ささくるわ)というらしい。

天気も良く展望も最高でした。

すると草むらでガサガサと・・・何かいる!!

出てきたのは「タヌキ」でした。

s-CIMG8560.jpg

こちらをチラチラ見ながら・・・

餌でも探しているのでしょうか。

s-CIMG8568.jpg

しかし全く逃げる様子はありません。

人に慣れているのかな?




おまえ・・・

もしかして鈴木重則の生まれ変わりか?

俺に会いに来てくれたのか?



まさかね・・・(笑)








スポンサーサイト

万治の・・・

先月のこと・・・

金生遺跡・身曾岐神社・出早雄小萩神社そして最後に訪れたのが・・・

下諏訪町にある「万治の石仏」(まんじのせきぶつ)でした。

s-CIMG4196.jpg

車を諏訪大社春宮の無料駐車場に入れる。

観光客はそれほど多くなかった。

しかし4月から「御柱祭」が始まる今年・・・

見学するなら今のうちだ。



まずは諏訪大社春宮を参拝・・・

s-CIMG4175.jpg

s-CIMG4180.jpg

立派な神社でした。




春宮のすぐ横を流れる川を渡る。



歩道脇には石碑・・・よく見ると



芸術家「岡本太郎」の名・・・

あの岡本太郎は「万治の石仏」を見て絶賛したそうだ。



石仏の手前に・・・



「お参りの仕方」が書いてある。



ちょうど誰もいなくなりグッドタイミング。



正面で手をあわせ一礼・・・



「よろずおさまりますように」と心で念じ・・・



時計回りに三周・・・



正面に戻り・・・

「よろずおさめました」と唱え一礼して終わり。



本当なら願い事を念じながら回るのだが、写真撮りながら適当に回ってしまった。




さて今年は「御柱祭」・・・まだ見に行ったことはない。

一度は見たいと思うけど、凄い群衆だし考えちゃうよね。


それよりも、御柱に乗って木落し坂を落ちてみたい!!・・・(笑)






縄文時代のマツタケ?

風邪ひいた・・・。

ヤクルト飲んでいるのに・・・。

まぁ、ヤクルトに責任はないのだが・・・。





2月21日(日)・・・

今日を逃すと一カ月は山に行けない。

4:30 家を出発し山梨に向かう・・・が

やっぱ体調良くない・・・登山諦めた。



せっかく山梨まで来たのでブログのネタ探す。

北杜市に面白そうな場所発見!!

s-CIMG4113.jpg

金生遺跡(きんせいいせき)・・・田んぼの真ん中

誰でも自由に見学できる。

階段を上がると・・・いきなり

s-CIMG4116.jpg

石柱?・・・って・・・形が・・・マツタケ?

いやいや男性のシンボルじゃないか!!

s-CIMG4117.jpg

しかも左右に・・・。

そして奥に進むと・・・

s-CIMG4118.jpg

説明板と前方に遺跡が見えてきた。

s-CIMG4122.jpg

2500年前、縄文時代の遺跡だって。

s-CIMG4123.jpg

無造作に並んでいる石・・・その中に

s-CIMG4124.jpg

いやいや・・・本当に縄文人が?

s-CIMG4126.jpg

誰かの悪戯じゃないの?って

思っちゃいますよね~(笑)



まさか近くの小学生は授業で訪れるのか?

「センセーこんな所にチ○コあるよー!!」

「わ~チ○コ、チ○コ!!」・・・って

先生の慌てる姿が目に浮かぶ・・・(笑)




道路の反対側に・・・

s-CIMG4139.jpg

金生公園が整備されていた。

s-CIMG4134.jpg

あずま屋とベンチが・・・って

s-CIMG4136.jpg

おいおい・・・

s-3678.jpg

これはちょっと・・・やりすぎでしょ!!

s-CIMG4137.jpg

確かにインパクトはあるけどね・・・(笑)










しかし今日は風強かった~


山登っていたら完全に風邪悪化してたな(笑)







また勝頼・・・

1月31日(日)

天気が良さそうなので山梨に向け3:20出発。


予定では・・・

釈迦ヶ岳→府駒山→黒岳→中藤山→不逢山を

ぐるりと回る計画でした・・・が

予想以上に雪が多く・・・

予定していた駐車場が除雪してなくダメ。

路肩に・・・とも思ったが

除雪した雪が山になってて・・・

なかなか良い場所がなく断念しました。



さて、予定変更です。



まず向かったのが・・・

s-CIMG3927.jpg

甲州市の景徳院です・・・って

「山じゃないんかい!!」

「まぁ、せっかく山梨に来たので」

s-CIMG3940.jpg

ここには武田勝頼公のお墓があります。

上がっていくと立派な山門・・・

s-CIMG3930.jpg

でも山門はくぐらず右へ・・・

すると・・・

s-CIMG3931.jpg

「武田勝頼公の生害石」・・・?

この石の上で自害したってことです。

すぐ隣にには妻「北条夫人の生害石」

すこし離れた場所には・・・

長男「信勝の生害石」がありました。


そしてお墓も・・・

s-CIMG3935.jpg

三人並べてありました。


説明版には・・・

武田勝頼・・・37歳

北条夫人・・・19歳

武田信勝・・・16歳

??????????

「歳・・・間違ってるでしょ~」

「北条夫人は3歳で信勝産んだんかい!!」

と思って調べたら・・・

信勝の母は龍勝院って人で・・・

信勝出産の際に死去したらしいです。

なので北条夫人は後妻ってことですね・・・納得。


早朝なので自分以外に人影はなし。

まぁ、父の信玄公とは違って訪れる人は少ないのだろう。



お墓参りを済ませ・・・

行きとは別の道で戻ってくると・・・

s-CIMG3939.jpg

「首洗い池」・・・実際は川でしたけどね。

想像すると怖いです。





この後、山登りましたよ~。

それはまた後日アップします。





で、帰りに「甲斐大和駅」に寄りました。

目的はこれ・・・

s-CIMG4038.jpg

「武田勝頼公の銅像」です。

親子だね~!!

s-CIMG4042.jpg

やっぱりラケット持ってました(笑)




16時、家に帰ってきました。

1時間だけ卓球の練習に参加・・・

ん~疲れた!!







武田勝頼・・・

「真田丸」第三回の放送では・・・

「佐助もう死んじゃうの!!」って・・・

驚かされましたが・・・三谷マジックでしたね。






武田勝頼(たけだかつより)・・・

「真田丸」では既に自害してしまいましたが・・・

一話~二話で勝頼役を演じた・・・

平岳大(ひらたけひろ)さんの演技は凄く良かった。

うちの妻も絶賛していました。

お父さんの平幹二朗さんに似てますね。





武田勝頼は私が「卓球の神様」と崇拝する・・・

武田信玄の四男として生まれました。

信玄から高遠城の城主を任されていたが・・・

長男から三男までいろいろあって・・・

結局四男の勝頼が武田家の跡を継ぐことになります。




結果、武田家滅亡の道をたどるわけですが・・・。

やっぱり父、信玄が偉大過ぎたってことかな?


勝頼は父、信玄の死を三年間隠しています。

武田信玄という存在がいかに・・・

敵対する武将たちに恐れられていたかが分かります。


「武田信玄恐るべし!!」です。






なんかブログの方向性がズレてきたかな(笑)










プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR