03
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
23
24
25
26
28
29
30
31
   

春なのに・・・

暦の上では春なのに・・・

一夜にして外は白銀の世界・・・

s-686.jpg

本当の春はもう少し先かな・・・?






スポンサーサイト

草履・・・?

まだまだ小鹿野町ネタです(笑)




節分草を見た後は・・・

胃を満たすため食堂へ。

s-609.jpg

注文したのは・・・

小鹿野町名物「ぞうりかつ丼」

s-610.jpg

丼からはみ出るほどの大きなカツが2枚。

s-612.jpg

甘辛の醤油タレを潜らせた豚カツ。

これで900円なり。


個人的にはご飯とカツの間に・・・

キャベツの千切り欲しかったな。


あと、こんなでかいカツは1枚で十分。

ボリュームありすぎて・・・

年寄りにはキツイかったな(笑)







節分・・・そう?

3月18日(土) 埼玉県小鹿野町

下山後、脚は終わっていたが・・・

時間にはまだ余裕あり。



なので「花」を見に行きました。

s-CIMG7572.jpg

「節分草園」・・・入園料300円なり。

s-CIMG7575.jpg

「節分草」って自分は初めてだったので・・・

入口のおばちゃん・・・いや、おねえさんに

「どっちに行けば節分草見れるんですか?」って聞くと・・・

「すぐそこ」って指を差す。

s-CIMG7573.jpg

「ん???・・・あ~!!」

s-CIMG7591.jpg

足元にメッチャ咲いてました(笑)

広い園内は節分草だらけでした。

s-CIMG7578.jpg

ピークは3月の上旬だったらしい・・・

それでもまだまだ沢山咲いていました。

s-CIMG7600.jpg

直径2cmほどの白い花・・・

可愛らしい節分草に癒されたのでした。



奥の方には少しだけ・・・

s-CIMG7580t.jpg

「ザゼンソウ」も咲いていました。



ぐるっと一周して戻ってきたら・・・

駐車場係のおじさん・・・いや、お兄さんが

暇だったのかな?

色々と説明してくれました。




「節分草の茎は普通、茶色なんだけど

 たまに緑色のがある」って

s-CIMG7593.jpg

「お~~~あったあった!!」


「節分草の花びら(がく)は普通5枚。

 ほんとたまに12枚のがある」って

s-CIMG7594.jpg

今年は3輪しか確認できてないってさ。

非常に貴重な情報を教えて頂きました。


混雑時に訪れていたら知らずに帰ってたな。

超ラッキーなのでした。



節分草は準絶滅危惧種に指定されてます。

入園料300円は保護のために使われます。

是非是非、守り続けてほしいものです。








順序が大事・・・?

3月18日(土)般若山からの続きです。

s-CIMG7475.jpg

大日如来に手を合わせ般若山を後に・・・

「釜の沢五峰」へ向かいます・・・ただ

「山と高原地図」には載っていない山なので不安。

s-CIMG7476.jpg

途中までは道標あったんだけどな・・・

進むにつれピンクテープのみに。

分岐らしい分岐も無かったような・・・。

かなり歩いてようやく道標発見!!

s-CIMG7480.jpg

「やっぱ合ってたんだ~良かった」と思いながらも

なんか違和感を感じていた。

「釜ノ沢五峰」方面に進むと・・・

登山道の真ん中に何かある。

s-CIMG7511.jpg

回り込んで見ると・・・

s-CIMG7481.jpg

「五ノ峯」・・・ん?

ん?ん?ん?ん?ん?

マジかー!! オーマイガー!!

「一ノ峰」から順に歩くつもりが・・・

一気に「五ノ峯」って・・・ありえん!!

物事には順序ってものがあるだろうがー!!

例えるなら、フルコース食べに行って・・・

いきなりデザートが出てきたみたいなものだ(笑)


まぁ、考えていても仕方ないので・・・

五、四、三、二、一、って順で下山。




登山口までやってきました。

で、何事も無かったのように・・・

もう一度「釜の沢五峰」を歩きま~す(笑)

s-CIMG7493.jpg

左の階段ではなく右が登山口です。

この「釜の沢五峰」は・・・

s-CIMG7490.jpg

「柴崎さん」の私有地みたいです。

ご厚意に感謝しながら歩きます。

ズンズン登っていくと・・・

s-CIMG7496 - コピー

大きな一枚岩・・・ここが

s-CIMG7497.jpg

「一の峰」です。

さらに進むと・・・「三ノ峰???」

s-CIMG7486.jpg

順番では「二ノ峰」のはず。

本当は・・・

s-CIMG7502.jpg

「二ノ峰」で合ってます。

何年か前のブログ見ると「二」なんだけど・・・

いつのまにか「三」になってて・・

「誰かの悪戯か?」なんてブログに書いてる人もいる。



これは俺の想像なんだけど・・・

これは悪戯なんかじゃなく・・・

制作した人がミス?をし、真ん中の一本をパテみたいなもので埋め「三」を「二」に見せていた。しかし年月が経つにつれ真ん中の線がハッキリ見えてきちゃったんだと思います。

s-CIMG7503.jpg

よく見ると埋めていた痕跡あります。

で、こっちが本当の・・・

s-CIMG7505.jpg

「三ノ峰」です。

見下ろすと「兎岩」が見える・・・

s-CIMG7508.jpg

帰りはあっちを回って下山予定です。

釜の沢は岩場、クサリ場あり・・・

s-CIMG7485.jpg

スリルも楽しめます。

で「四ノ峰」・・・

s-CIMG7509.jpg

展望は二と三がGoodです。

危険な岩場もあるけど・・・

s-CIMG7483.jpg

安全な巻き道もありました。

そして最後の「五ノ峯」・・・

s-CIMG7510.jpg

なんでここだけ「峰」じゃなく「峯」なんだ?

あと「の」だったり「ノ」だったり・・・

あっイカンイカン・・・

「柴崎さん、ありがとうございました。」



やっと分岐まで戻ってきました。

s-CIMG7512.jpg

すでに脚ガクガク~(笑)

こんな時に限って・・・

車にストック忘れてくるし(泣)



金精神社方面に向かいます。

途中、迷った。


モミモミの巨にゅ・・・違う!!

s-CIMG7517.jpg

「モミの巨木」・・・(笑)

分岐、とりあえず右へ・・・また戻ります。

s-CIMG7518.jpg

5分ほどで・・・

s-CIMG7519.jpg

「金精神社」に着いた。

その先に「長若天体観測所」・・・

s-CIMG7520.jpg

ここも私設みたいです。

s-CIMG7522.jpg

展望が良い場所・・・

左に両神山・・・右は

s-CIMG7523.jpg

トトロの耳みたいなのが二子山で・・・

どっちも制覇済みです。


分岐まで戻り「兎岩」を目指す。

足元に「恐竜の顔」みたいな岩・・・

s-CIMG7535.jpg

ここ小鹿野町は恐竜の化石でも有名です。


「風の谷のナウシカ」に出てくる・・・

s-CIMG7538.jpg

「王蟲(オーム)みたい」って思うのは俺だけか?

鉄塔は新しく、まだ電線は張っていない。

鉄塔の工事関係なのか?・・・

ピンクテープや踏み跡がそこらじゅうにある。

なので迷いやすいのかもしれない。


「賽ノ洞窟」・・・

s-CIMG7548.jpg

それほど深い洞窟ではない。


開けた岩の上に出た。

どうやらここが「兎岩」みたいだ。

s-CIMG7552.jpg

岩には鉄柱とクサリ・・・

s-CIMG7556.jpg

雨の日や、グリップの効かない靴では来るべからず。

「なんで兎岩か」って?

「兎の背中みたいだから」かなぁ?

あと、「亀ヶ岳」ってのがあるからかな?

「亀ヶ岳の写真はないのか」って?

「最初、道を間違えたから無いんです!!」



まぁ、そんなこんなで・・・

s-CIMG7568.jpg

舗装路まで無事に下山できました。

法性寺の駐車場についたのは11:10。



本当はもう一山登る計画でしたが・・・

5時間ちょっと歩いただけで脚が棒・・・

運動不足を実感しました。

いずれまた小鹿野町を訪れます。







道、間違えたけどメッチャ楽しかったピョン!!

s-CIMG7564.jpg

って、跳ねねえよ・・・(笑)






はんにゃ・・・?

最近は月一回ペースの登山です。

久しぶりにガッツリ?歩いたら・・・

脚ヤバイっす(笑)




3月18日(土)3:00家を出発。

目指したのは埼玉県小鹿野町・・・

般若山(はんにゃさん)法性寺(ほうしょうじ)

s-CIMG7422.jpg

お寺の駐車場を6:00出発。

早朝なのでまだ誰もいません。

s-CIMG7423.jpg

山門には左右に仁王像・・・

s-CIMG7426.jpg
s-CIMG7427.jpg

そして般若山と言うだけあって・・・

s-CIMG7425.jpg

大きな般若の面・・・思い出すのは

「一つ、人の世生き血を啜り・・・

 二つ、不埒な悪行三昧・・・

 三つ、醜い浮世の鬼を退治してくれよう桃太郎」

って、もちろん「桃太郎侍」とは・・・

全く関係ありません(笑)


山門をくぐって・・・

s-CIMG7428.jpg

石段を上がっていくと・・・

s-CIMG7429.jpg

境内整備のための協力金300円のお願い・・・

皆さん小銭を用意して行きましょう。


本堂入口にも当然・・・

s-CIMG7430.jpg

般若の面あり。

散策しながら奥へ進む。

s-CIMG7432.jpg

岩に張り付くように建つ「観音堂」・・・

s-CIMG7439.jpg

岩好き、寺好きにはたまりません。

s-CIMG7440.jpg

更に「奥の院」へは・・・

s-CIMG7444.jpg

この岩の隙間をくぐり抜ける。

そして右手にクサリ場・・・上には

s-CIMG7447.jpg

奇妙な形の洞穴?・・・中には

s-CIMG7450.jpg

祠あり・・・クサリを下り進む。

月光坂(がっこうさか)だって。

s-CIMG7453.jpg

なぜ月光坂なのか分からないが・・・

「月光仮面」はいませんでした(笑)


石の階段・・・っていうか

s-CIMG7454.jpg

岩を削って作った階段です。

この般若山のほとんどが岩なのかな?

岩を削った階段やステップが至る所にありました。

そして岩の隙間にまた・・・

s-CIMG7456.jpg

祠と石仏群・・・

s-CIMG7458.jpg

そしてこの岩の上には・・・

s-CIMG7460.jpg

「お舟観音」と「大日如来」・・・

まずは右の「お舟観音」から。

左が切れ落ちた大きな一枚岩。

s-CIMG7461.jpg

注意しながら進むと観音様が見えてきた。

s-CIMG7463.jpg

この大きな岩を船に見立て・・・

s-CIMG7465.jpg

船首に立つ観音様です。

s-CIMG7467.jpg

今度は右に落ちないように船尾に向かう。

s-CIMG7470.jpg

この岩をよじ登るとそこには・・・

s-CIMG7472.jpg

艦長ならぬ「大日如来」が鎮座していました。

s-CIMG7474.jpg

山全体が見どころ満載の・・・

般若山法性寺でした・・・満足満足。



次に向かうのは・・・

s-CIMG7471.jpg

「釜の沢五峰」


長くなっちゃったので続きは後日また・・・。






プロフィール

イイヤマン

Author:イイヤマン
イイヤマブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR